シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

仮面ライダーに出演の荒井敦史ほかイケメン俳優たちに、金子修介監督「大スターになること間違いなし」と太鼓判!

仮面ライダーに出演の荒井敦史ほかイケメン俳優たちに、金子修介監督「大スターになること間違いなし」と太鼓判!
人気イケメンの荒井敦史

 15日、シネマサンシャイン池袋にて、映画『メサイア』の初日舞台あいさつが行われ、主演を務めた荒井敦史をはじめ、「仮面ライダー」シリーズに出演している井上正大と木ノ本嶺浩、陣内将、逢沢りな、加藤慶祐、そして金子修介監督が登壇。多くのスターを輩出してきた金子監督が「このメンバーも大スターになること間違いなし!」と太鼓判を押したイケメンたちが、本作の見どころを語った。

 主演を務めた荒井は、今年12月に公開予定の映画『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』に出演が決まっており、井上や木ノ本を含めた仮面ライダートリオでの登壇となったが「僕はアクション初挑戦なので、他のメンバーより大幅に出遅れていたので大変でした」とクランクイン当時を振り返る。またトップクレジットに自分の名前があることには「最初はすごく不安でしたが、途中から、もう逃げられないんだって開き直れた」とプレッシャーを良い形に変えられたことを強調する。

 そんな荒井だったが、舞台あいさつ中は顔から汗が噴出していて、井上や陣内など他の登壇者からイジられるシーンも。すると、荒井も井上の衣装に「なぜ半ズボン?」と突っ込み。和気あいあいとした雰囲気が舞台上からも伝わる。「共演者が家族というか、兄弟みたいな感じですごく楽しかった。またこのメンバーで続きができたらいいですね」と荒井が金子監督にアピールすると「僕は長年アイドルグループというものを研究しているのですが、(グループには)末っ子、リーダー、ちゃらいやつ、そして裏でまとめる真のリーダーというバランスで構成されるのがいい。このチームはそんな感じ。僕も10年以上いろいろな人と出会って、スターを育ててきましたが、このメンバーも大スターになること間違いなしです。続編も撮れたらいいね」と笑顔で語ると、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

 本作は、角川書店から刊行されている雑誌「月刊 ASUKA」にて連載中の同名コミックを、映画『DEATH NOTE デスノート』の金子修介監督で実写映画化。テロリストから国を守るために全寮制の高校に潜入し“サクラ”と呼ばれる公安スパイになった青年たちの友情や苦悩を描いたスパイ・アクション映画。(磯部正和)

映画『メサイア』はシネマサンシャイン池袋ほか全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 16日
  5. 仮面ライダーに出演の荒井敦史ほかイケメン俳優たちに、金子修介監督「大スターになること間違いなし」と太鼓判!