シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

リバー・フェニックス出演の未完成だった遺作、2012年に公開へ

リバー・フェニックス出演の未完成だった遺作、2012年に公開へ
永遠の美少年リバー・フェニックス - Nancy R. Schiff / Hulton Archive / Getty Images

 1993年に23歳の若さで他界した俳優、リバー・フェニックスの未完成だった遺作が、18年の時を経て公開されることになった。ハリウッド・リポーター紙が報じている。

 リヴァーの最後の作品『ダーク・ブラッド(原題)/Dark Blood』は、オランダ人監督のゲオルグ・スラウツァー監督によるもので、核実験地区の砂漠で隠遁生活をする「ボーイ」を主人公とする物語。リヴァーがボーイ役を演じ、ジョナサン・プライス、ジュディ・デイヴィスが共演している。当時、撮影が進むなか、リバーはクランクアップの11日前にジョニー・デップが所有するロサンゼルスのナイトクラブの外で、ドラッグの過剰摂取による心不全を起こし亡くなった。リバーは子役時代に出演した映画『スタンド・バイ・ミー』や、キアヌ・リーヴスと共演した映画『マイ・プライベート・アイダホ』などの映画で高い評価を得て、実力と人気を兼ねた若手俳優として乗りに乗っているところだった。

 そんなリバーの死から18年がたち、スラウツァー監督が当時の映像を再編集。2012年に公開できるよう準備を進めている。さらに、リバーの弟であるホアキン・フェニックスに、リバーが演じていたボーイ役のボイスオーバーを依頼する予定だという。スラウツァー監督は、「兄弟だから、ふたりの声はとてもよく似ている」と語っている。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 20日
  5. リバー・フェニックス出演の未完成だった遺作、2012年に公開へ