シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『パラノーマル・アクティビティ』最新作が全米トップに君臨!歴代の10月公開映画ボックスオフィス新記録を達成!-10月24日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『パラノーマル・アクティビティ』最新作が全米トップに君臨!歴代の10月公開映画ボックスオフィス新記録を達成!-10月24日版
3作目も大ヒットスタート! (映画『パラノーマル・アクティビティ3』より) - Copyright (C) 2011 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

 シリーズ3作目となる映画『パラノーマル・アクティビティ3』が、前作・前々作の公開初週の興収記録を塗り替えたばかりか、全米歴代10月公開映画の興行収入記録も更新して、全米ナンバーワン映画に輝いた。

 週末に3,321館で公開され、金・土・日の3日間のみで5,257万ドル(約42億560万円)の収益を記録したこの作品は“純・恐怖映画”のジャンルにおいてもデビュー週末興収記録を更新した。ちなみにこの映画の製作費は、最近ではまれに見る低さの500万ドル(約4億円)。1作目の映画『パラノーマル・アクティビティ』の製作費1万5,000ドル(約120万円)に比べればかなり上がったものの、大手映画スタジオから大作扱いで製作され、大型公開される作品としては前代未聞の低予算である。「少ない予算で多くの利益を得る」。これは賢い映画スタジオの目標でもあるのだ。ちなみに配給のパラマウントによると、週末にこの映画を観に来ていた人の54パーセントが女性客、53パーセントが25歳以下という結果が出ている。(1ドル80円計算)

 今週第2位は、映画『リアル・スティール』の1,082万ドル(約8億6,560万円)。クチコミの評判もいい本作は、下降率も先週に比べて33.6パーセントと頑張っており、公開17日にしての総合興収も6,673万ドル(約53億3,840万円)となかなかの成績を上げている。

 第3位は、先週よりワンランクダウンのリメイク映画『フットルース(原題) / Footloose』で、1,035万ドル(約8億2,800万円)。この手のダンス映画にしては好調な33.5パーセントの興収減で、周囲の予想に反してかなり頑張っているこの映画は、オリジナルを観ている往年のファンからの支持は低いものの、新たなターゲットとなっている若年層のファンや、なぜか年配層に評判がいいという興味深い現象が起きている。テレビでもセレブがボールルームダンスに挑戦する番組が年配層でヒットしており、アメリカの壮年・熟年層にちょっとしたダンス・ブームが起こっているようだ。

 第4位は、今週デビューのアクション映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』で867万ドル(約6億9,360万円)。この映画を観て好意的に思った映画評論家がテレビで同新作のPR戦略について語っていたが、「『三銃士』という題材は今までに飽きるほど映画化されているため、ふんだんに盛り込まれているアクションや現代風にアレンジされたストーリー展開などを中心に、『三銃士』というブランドよりも新しい映画として売り込むべきではなかったか。非常に楽しめる映画だけに大ヒットにはならないと予想されることが、残念だ」とコメントしていた。今回のランキングから見ても確かに新しいPR戦略で、『三銃士』のリメイクに飽き飽きしている映画ファンの関心をそそることができていたら、ひょっとするともう少しマシな成績になったのかもしれない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 25日
  5. 『パラノーマル・アクティビティ』最新作が全米トップに君臨!歴代の10月公開映画ボックスオフィス新記録を達成!-10月24日版