シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

お色気、バイオレンス、ロックンロール! B級映画の「神」ロジャー・コーマンが85歳にして東京に降臨!!【第24回東京国際映画祭】(1/2)

お色気、バイオレンス、ロックンロール! B級映画の「神」ロジャー・コーマンが85歳にして東京に降臨!!
映画ファンには「神」-ロジャー・コーマン!

 29日、現在開催中の第24回東京国際映画祭特別招待作品『コーマン帝国』舞台あいさつがTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、B級映画の帝王と呼ばれたロジャー・コーマンが85歳にして、4回目の来日を実現、インディペンデント映画界の「神」の降臨に映画ファンは熱狂の渦に包まれた。

 フランシス・フォード・コッポラ、ジョナサン・デミ、マーティン・スコセッシ、ジャック・ニコルソン、ロバート・デ・ニーロ、ピーター・フォンダなど、若き才能をいち早く発掘してきたロジャー・コーマン。アクション、お色気、SF、ホラーといった数々の傑作、珍作、快作を圧倒的なペースで量産し続け、85歳となった現在でもなお現役。2009年にはアカデミー賞名誉賞を受賞するなど、インディペンデント映画界の「神」として世界中の映画人に尊敬されている。そんな生きる伝説ともいえるロジャー・コーマンに会いたいと集まった満員の観客は、コーマン監督の登場に大歓声。

 そんな彼が映画の裏方ではなく、「被写体」としてその半生を振り返るのが本作だ。「不思議な体験でしたね。いつもはカメラの裏側にいるのに、今回は俳優になっている。ただし、撮影のときには、監督にこうしたら? と意見を言いたい気持ちがこみ上げてくるが、いやいや、自分は監督でないんだからとその気持ちはこらえて、俳優に徹しました」と明かすコーマン監督だが、完成した映画については「とても気に入っているよ」とお墨付きを与えていた。また、コーマン監督の奥さんであり、仕事上のパートナーでもあるジュリー・コーマンは「フランスでは、この映画の中になんで(『断絶』などで知られる)モンテ・ヘルマンが入ってないんだという人がいたんですけど、彼は400本以上映画を作った人ですから。すべての映画に言及するのは無理ですよ。ただ、本作にはDVD用の6時間の特典映像があるので、そちらにはモンテ・ヘルマンは入っていますよ」と笑いながら本作をアピールした。

 「この国は大好きです。東京も大好きだけど、京都にも妻と一緒に2回行った。実に美しい都市です」と日本への賛辞を口にするロジャーは今回4回目の来日となる。実は黒澤明監督の『デルス・ウザーラ』をコーマン監督が配給したという縁から、映画監督の黒澤明とコーマン監督は友人関係だったという。「実は昨日行ったのが『黒澤』というレストランだったんだ。(若き日のジェームズ・キャメロン監督が特撮にかかわっていた1980年の映画)『宇宙の7人』はかなり『七人の侍』を意識しているんだ」と笑顔で語っていた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 29日
  5. お色気、バイオレンス、ロックンロール! B級映画の「神」ロジャー・コーマンが85歳にして東京に降臨!!