シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『パラノーマル・アクティビティ』監督、核災害後の世界舞台の新作スリラー製作中!

『パラノーマル・アクティビティ』監督、核災害後の世界舞台の新作スリラー製作中!
ホラー界を舞台に新作が続々!-オーレン・ペリ監督 - Craig Barritt / WireImage / Getty Images

 最新作の日本公開が開始された大ヒットホラー『パラノーマル・アクティビティ』シリーズを生んだオーレン・ペリ監督が手掛ける、核によって荒廃した世界を舞台にした新作ホラーの撮影が開始されたとデッドラインが報じた。

 本作はオーレン・ペリ監督が原案とプロデュースを手掛ける新作で、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズとはまったく関係のない作品。映画は核災害の影響によって荒廃した街をさまよう友人グループを描く。その場所で彼らは、人ではない何かの叫び声を聞き、恐怖に遭遇することになるという。

 すでヨーロッパで撮影が開始されているということだが、タイトルは未定で、公開時期なども不明。監督はCMを中心に活躍しているというブラッド・パーカー。ペリ監督の原案を基に脚本を手掛けたのは、『トランスモーファー リターンズ』や『タイタニック2012』といったオリジナルビデオ作品にかかわったシェーンとケアリー・ヴァン・ダイク兄弟。また出演陣には、『ダイ・ハード4.0』で敵側のハッカーを演じたジョナサン・サドウスキーなどほとんど無名の役者をそろえているようで、誰が生き残るのか予測できない、緊迫のストーリーに期待できそう。

 『パラノーマル・アクティビティ』のヒット以降、同シリーズに『ソウ』のジェームズ・ワン監督とタッグを組んだ『インシディアス』の製作や、超常現象がテーマになるというテレビシリーズ製作など、ホラー界を舞台に大忙しといったところのペリ監督。久々に監督を務めるエイリアンがテーマの新作『エリア 51(原題) / Area 51』の公開が控える中、今度は核によって荒廃した世界で、どんな恐怖を描くのか楽しみなところだ。(編集部・入倉功一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 2日
  5. 『パラノーマル・アクティビティ』監督、核災害後の世界舞台の新作スリラー製作中!