シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

榮倉奈々、「岡田将生は小学生」発言を撤回!?「少年のように純粋なんです」

榮倉奈々、「岡田将生は小学生」発言を撤回!?「少年のように純粋なんです」
岡田将生&榮倉奈々 - 写真:吉岡希鼓斗

 さだまさし原作の映画『アントキノイノチ』で共演を果たした岡田将生の印象を、「小学生としゃべっているみたい」と映画の完成報告会見で語った榮倉奈々が、その発言について「修正させてほしいんです!」と弁明。「いや、小学生のままでいいです」とフォローする岡田と共に、共演の感想や作品について語り合った。

 本作は、過去の体験によって心に傷を負った男女が、遺品整理業の仕事を通して成長していく姿を描いた感動のヒューマンドラマ。繊細で人と接するのが苦手な主人公の杏平を熱演した岡田将生は、「人生に対する不安を抱えながらも、少しずつ前に進もうとする杏平にすごく共感しました。しかも、仕事を通じて自分を見つめ直し、人生をリセットしていくところが僕自身と重なるんです」と役に強い思い入れがあったことを告白。一方、衝撃的な過去を持つヒロインのゆきを演じた榮倉は、「撮影前にゆきの悲しい経験を想像しようとしたのですが、結局答えが見つからなくて、撮影中も迷うことばかりでした」と難易度の高い役だったことを打ち明けた。

 それぞれの役と真摯(しんし)に向き合い、撮影に臨んだ岡田と榮倉。お互いの印象について、「榮倉さんは笑顔の似合う明るい方で、常に何かを表現しようと考えている。ハートの強さを感じました」と岡田が絶賛。すると榮倉は、「わたし、会見のときに岡田くんのことを『小学生みたい』って言っちゃったんですけど、映画ニュースの見出しに『岡田は小学生!?』って一斉に書かれちゃって。だから、そのコメントを修正させてほしいんです!」と必死の弁明。そして、「もちろん、小学生みたいなところは本当にあるんですけど(笑)、ちゃんと考えて演技をする方だし、瀬々(敬久)監督とも現場で真剣に話し合っていたし……。少年のように純粋な心を持った人だと改めて言いたいです!」と岡田のピュアな魅力を猛アピール。その言葉を受けて、「いや、小学生のままでいいです。僕は自分でも6割が小学生だと思っていますから(笑)」と笑顔で答える岡田。そのほほ笑ましいやり取りから、共に難しい役をやり遂げた二人のきずなの強さが伝わってきた。

 映画『ヘヴンズ ストーリー』で世界の映画祭を席巻した瀬々監督がメガホンを取った本作は、カナダで開催された第35回モントリオール世界映画祭で、革新的で質の高い映画に与えられるイノベーションアワードを受賞し、国内外での注目度がますます高まっている。岡田と榮倉も、「きっと何かを感じてもらえる映画だと思う。早く日本の人々にも観てほしい!」と語り、作品への自信をのぞかせた。(取材・文:斉藤由紀子)

映画『アントキノイノチ』は11月19日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 9日
  5. 榮倉奈々、「岡田将生は小学生」発言を撤回!?「少年のように純粋なんです」