シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

YouTubeビデオレンタルサービスがついに日本でスタート!東映、ワーナー、ソニー、ユニバーサルなどがコンテンツ提供!

YouTubeビデオレンタルサービスがついに日本でスタート!東映、ワーナー、ソニー、ユニバーサルなどがコンテンツ提供!
YouTubeで『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』が観られるなんて! これこそ魔法のなせる技!? - (c) 2011 WBEI. All Rights Reserved. Harry Potter Publishing Rights &(c)J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and &(c)Warner Bros. Entertainment.

 12月1日よりYouTubeで開始された映画配信サービスにて、先日リリースされたばかりの映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を含むワーナー・ブラザース映画作品ほか、東映、バンダイチャンネル、ソニー・ピクチャーズ、ユニバーサルの作品が配信されている。1作につき新作は400円、旧作は300円の有料配信となる。

 YouTubeは本日12月1日より国内でのビデオレンタルサービスを開始。現時点で200本以上のハリウッド映画や国内作品をレンタルすることが可能で、対象はハリウッド作品がワーナー・ブラザース映画、ソニー・ピクチャーズ、ユニバーサルが提供する映画、国内の作品は東映とバンダイチャンネルが提供する映画やアニメとなる。

 一部無料の作品もあるものの、基本的には有料視聴となり、価格は新作が400円、旧作が300円。利用者は、料金支払い手続き後30日以内に視聴を開始する必要があり、再生を開始してからは24時間~72時間でレンタル期間が終了。ただし、期間内であれば何でもレンタルした作品を視聴することが可能となっている。

 大手配給会社から提供を受けているとあって、先日DVD&ブルーレイが発売されたばかりの『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2』などの新作はもちろん、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『バットマン ビギンズ』『フルメタル・ジャケット』といった名作・話題作が利用可能。国内作品も「ガンダム」シリーズや『バトル・ロワイアル』を鑑賞できるということで、今後利用者が増えることは確実。今回のサービス開始によって、映像作品の楽しみ方がまた一つ増えたといえそうだ。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 1日
  5. YouTubeビデオレンタルサービスがついに日本でスタート!東映、ワーナー、ソニー、ユニバーサルなどがコンテンツ提供!