シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

デジタル世代のニュータイプアニメ監督!!『星を追う子ども』新海誠がこだわりのアニメ制作の裏側を明かす!!(1/2)

デジタル世代のニュータイプアニメ監督!!『星を追う子ども』新海誠がこだわりのアニメ制作の裏側を明かす!!
講義に聞き入る受講者の熱意に応え、貴重な資料と共に講義を行った新海誠監督

 12日、デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパスで公開講座「アニメーション監督『新海誠』の世界」が開講され、デジタル世代におけるニュータイプのアニメーション監督・新海誠が登場、『星を追う子ども』および『秒速5センチメートル』の製作データを披露しながら、その作品作りの裏側を解説した。

 新海監督といえば、2002年の自主制作アニメ映画『ほしのこえ』で業界を震撼させ、以降、『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』といった作品で熱狂的なファンを生み出した新世代のアニメーション作家。この日の出席者の中にはアニメの製作現場志望の学生も数多く、超満員の会場は熱気でムンムン。監督もそんな受講者に対し、作品の製作途中の貴重な絵コンテや原画、動画、背景といった貴重なデータを惜しみもなく披露。デジタル画像編集用のAdobe Photoshopや動画編集用のAfterEffectsといったソフトを慣れた手つきで使いこなし、新海ワールドの裏側を披露すると、出席者たちの視線は、画面に釘づけ。「レンダリング(データの書き出し)は他人に任せずに、最終的な仕上げまで自分で目を通す」という新海監督は「僕は自主制作出身なので、画面の仕上がりはこうであってほしいと思うのは、僕のわがままなんですが……」と前置きした上で、「特に理由がないんですが、空の雰囲気が気に入らないときがあると、デジタルということもあり、最終的に僕が描き直してしまうことがあります」とコメント。背景美術に定評がある新海作品だけあって、そのこだわりの一端が垣間見えた。

 自主制作作品をきっかけにキャリアをスタートさせただけあって、「これまで伝統的なアニメ制作の手法を無視して作ってきた」という新海監督だが、今年公開された『星を追う子ども』では「物語や作画など、今までやったことがないことにチャレンジしたかった」と語る。新海監督の作風と言えば、どこまでも写実的で、優しい光に彩られた背景、映像に密接にシンクロしていく音楽、繊細なセリフがちりばめられたモノローグ、そして日常に寄り添ったせつない物語作りなどが挙げられる。それらを封印し、新たな地平を目指したのが『星を追う子ども』だったが、公開後の意見は賛否両論だったという。しかし、「喜んでくれる人も多かったのですが、逆に批判も多かった。とはいえ、『秒速~』がオリジナルかというとそうでもないし、強みでもないと思うんです。ある意味『秒速~』のようなものは、一種のパターンで作れると思うんですよね」と監督。続けて、「僕としてはそんな手くせのように作れるものよりも、今まで自分がやってこなかったものを観たい。おそらく次は『星を追う子ども』とは違うものになると思います」と次回作についての方向性を明かした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 13日
  5. デジタル世代のニュータイプアニメ監督!!『星を追う子ども』新海誠がこだわりのアニメ制作の裏側を明かす!!