シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

AKB48ドキュメンタリー映画第2弾が公開決定!大躍進を果たした2011年を振り返る一作に!

AKB48ドキュメンタリー映画第2弾が公開決定!大躍進を果たした2011年を振り返る一作に!
『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』ポスタービジュアル - (C)2011「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

 AKB48のドキュメンタリー映画第2弾『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』の公開が決定し、2012年1月27日より全国公開されることが発表された。

 本作は、今年1月に公開された『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』に続く作品。3日間で延べ9万人を動員した西武ドーム公演や、前田敦子が1位に返り咲いた「22ndシングル選抜総選挙」といった2011年の活動を振り返る映像と、メディア選抜を中心とした各メンバーの撮り下ろしインタビューで構成されている。演出を務める高橋栄樹監督は、AKB48にとって初のオリコンシングルチャート1位曲となった「RIVER」や、最新シングル「上からマリコ」などのミュージックビデオを手掛けた経歴の持ち主。メンバーからの信頼が厚い高橋監督が、自らインタビュアーも担当している。

 本作の見どころは、テレビや雑誌のインタビューでは語られないメンバーの本音が明かされる点だ。東日本大震災を受けて立ち上げられた「『誰かのために』プロジェクト」に対する思いや、大所帯グループの中で自らのポジションをどうとらえているのか、またトップアイドルとして感じる重圧や責任についても、メンバーは本作中で赤裸々に語っている。グループの一員として、夢を持つ女性として悩み成長する姿に迫った本作は、本格的な成長ドキュメントとしての仕上がりが期待される。

 今作の制作に際し、AKB48の総合プロデューサー・秋元康が下記のコメントを発表している。
「その少女は、僕の前で、突然泣き始めた。
『どうした?』『何があった?』
僕が聞いても、少女は俯いたまま、ただしゃくりあげていた。
2時間くらい経った頃だろうか。少女は、顔を上げ、手の甲で涙を拭きながら、言った。
『ありがとうございました』
気が済んだのか、すっきりとした笑顔だった。
少女たちは傷つき、そして、自分で立ち直る力を持っている。 秋元康」

(大小田真)

映画『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』は2012年1月27日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 12日
  5. AKB48ドキュメンタリー映画第2弾が公開決定!大躍進を果たした2011年を振り返る一作に!