シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

西島秀俊、主演作『CUT』初日にアミール・ナデリ監督と相思相愛トークを繰り広げて「まるで結婚披露宴みたい」と苦笑い(1/2)

西島秀俊、主演作『CUT』初日にアミール・ナデリ監督と相思相愛トークを繰り広げて「まるで結婚披露宴みたい」と苦笑い
初日を記念して、スタッフから、本作で引用された100本の映画のタイトルが入っているクッキーがアミール・ナデリ監督と西島秀俊2人にプレゼント!

 17日、映画『CUT』の初日舞台あいさつがシネマート新宿にて行われ、主演の西島秀俊とアミール・ナデリ監督が登壇し、2人が出会ってから6年越しで完成させた本作への思いをそれぞれ語ったほか、お互いへのリスペクトにあふれたトークを繰り広げた。

 2005年の東京フィルメックスで出会って一緒に映画を作ることを約束し、その願いを本作で実現した西島とナデリ監督。兄からお金を借りて映画を製作していた売れない映画監督の秀二(西島)が、自分のためにやくざから借金をして死んでしまった兄に報いるため、殴られ屋をして借金を返済しようとするストーリーとなっている。

 ユニークな役柄を演じた西島は「最初にスクリプトを読んだとき、映画化は不可能だと思った。先鋭的で、観客に受け入れられないのではないかと。でもナデリ監督が、『不可能を可能にすることがオレの映画だ』と言ったんです。撮影中もどんどん大変になっていって、毎日家を出る前に『今日も素晴らしいシーンが撮れますように』と祈っていた。そんな作品が、ついに公開になって……この瞬間を一生忘れないと思います」と感無量な表情に。そして、ナデリ監督の第一印象を聞かれた西島は「常人ではない、鋭い目をして、すごいエネルギーを発していた。会ったとき運命的なものを感じて……まるで(カップルのなれそめを語る)結婚披露宴みたいですけど(笑)。監督も同じように感じていて『一緒に映画を作ろう。オレは匂いでわかる』と言われました」とユーモラスにナデリ監督との出会いを振り返った。

 一方、ナデリ監督は「日本で映画を作ることは大変。ルールや順序がはっきりしているから、信頼を得ないと最初の一歩を踏み出せない。西島さんが自分を信頼してくれたことによって、ほかの人も自分を信じてくれて、この作品を作ることができたのです。彼は大変才能があって、ハンサム!」などと西島を絶賛。トーク中も西島と何度も握手をしたり、肩に触れたりし、西島のほうもそれに笑顔で応じるなど、二人が絶大な信頼関係を築き上げていることがうかがえる空気感を醸し出していた。

 そして最後に、西島は「みなさんがこの映画をたくさん観て下されば、上映館が増えていって、アート系の映画を観る機会が増えることになると思います。今の一番の夢は、この映画がシネコンにかかって、そこで舞台あいさつをすることです!」と力強く語り、観客から大きな拍手を浴びていた。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マツコ&有吉の怒り新党の夏目三久は可愛い from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら (2012年6月5日 12時15分)
    理系の大学生活ではバラエティ番組等見れなかったが現:日本大学の建築学科は、製図やレポートの提出期限は厳しく存在するのだろうか?私の頃は必修科目の製図やレポートの提出期限を守らねば単位を落とし留年なので毎日勉学に部活に励んでたのが黄金の自分史。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 2012年!本年もよろしくだニャン! from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・ (2012年1月6日 13時34分)
    皆、学生時代に帰りたい。帰りたがってる。しっかりとちゃんと生きてきた過去の時間へ。日本大学工学部建築学科に居た福島県郡山市では、製図・レポート提出期限に間に合わせようと必死に部活に燃えながら、雪が積もっても、おびえずに雪を燃やし溶かす程の情熱で夢を追い、真剣に自分に良い訳もせず、仲間と叫んでいたあの頃が懐かしい。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 見逃さぬテレビドラマ「女帝薫子」「Mother」「チーム・バチスタ2~ジェネラル・ルージュの凱旋」 from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・ (2011年12月17日 21時28分)
    私の大学時代は正直言って、テレビドラマ番組なんて見る暇も無く、建築学科の恐怖の製図提出期限やレポート提出に重なり、各々の学生部活動参加で毎朝7:30からは学生部唱題会・月曜日は地区協議会・火曜はグル... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 17日
  5. 西島秀俊、主演作『CUT』初日にアミール・ナデリ監督と相思相愛トークを繰り広げて「まるで結婚披露宴みたい」と苦笑い