シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日本人はメンタルまでメルトダウンしている!核廃棄物最終処理問題を提起したマイケル・マドセン監督、日本人の原発意識に警鐘

日本人はメンタルまでメルトダウンしている!核廃棄物最終処理問題を提起したマイケル・マドセン監督、日本人の原発意識に警鐘
日本人の原発意識に「メンタルのメルトダウンがあった」とマイケル・マドセン監督

 21日、渋谷区のオーディトリウム渋谷にて、放射性廃棄物の最終処理を扱ったドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』のDVD発売記念トーク&上映会が行われ、監督であるマイケル・マドセンとNPO法人原子力資料情報室共同代表の西尾漠氏が出席、監督は、日本人の原発への意識について「メンタル面でもメルトダウンが起きている」と発言するなど、過激かつ本音のトークで原発問題に警鐘を鳴らした。

 本作は、フィンランドで建設の「オンカロ(隠された場所)」という世界初の高レベル放射性廃棄物の永久地層処分場にカメラを向けたドキュメンタリー。廃棄物が10万年間保持されるオンカロで、その間、事故や人による掘り起こしもなく、放射性廃棄物を安全に守り続けられるのかなど、専門家のインタビューを交えて、問題点などを検証する。岩盤をくりぬいて作られた地下都市のようなオンカロの映像は迫力がある。

 マドセン監督は、福島で原発事故があった際、メキシコの映画祭に出席していたといい、「テレビをつけるとちょうど福島の原発の、一回目の爆発シーンが生で流れ、多くの人が気付いていないだろうが、大変なことになったと思った」と供懐。この状態では、「炉の冷却システムが働いていないだろう」と思ったという。

 そして、「専門家の意見を聞こうとスウェーデンへ連絡を入れると、専門家たちはスウェーデン政府から招集がかかり、軍のシェルターのような場所に集められていた」と語る監督。「彼らにとって地球の裏側にあたる日本で起こった事態に対し、これはどういうことなのか、スウェーデンにどんな影響があるのかを会議を開いていて、取り合ってもらえない状態だった。それで、さらにこの事態の深刻さを感じた」と当時のエピソードを語った。

 その上でマドセン監督は、「日本ではもう何年も前から精神的な、心の中の意味で、メルトダウンが起きていると思った」と衝撃的なコメント。「もうしょうがないかという形でその原発を受け入れてしまっている。十分な情報が与えられないことに疑問を持たず、本当に何が起きているかも知らずに受け入れてしまったことに、メンタルのメルトダウンがあった。これは自然災害でなく、人間の過ちが犯した人災です」と日本人の原発意識に言及し、情報開示の大切さなどを訴えた。(取材・文 名鹿祥史)

映画『100,000年後の安全』DVDは日本語吹替版のナレーションに田口トモロヲを起用するなどして、12月23日発売予定 価格: 3,990円(税込み)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 22日
  5. 日本人はメンタルまでメルトダウンしている!核廃棄物最終処理問題を提起したマイケル・マドセン監督、日本人の原発意識に警鐘