シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

世界金融危機に陥る前の24時間を金融マンの視点から描くアカデミー賞オリジナル脚本賞の有力候補『マージン・コール』(1/2)

世界金融危機に陥る前の24時間を金融マンの視点から描くアカデミー賞オリジナル脚本賞の有力候補『マージン・コール』
J・C・チャンダー監督

 初監督作品だが、ケヴィン・スペイシー、ジェレミー・アイアンズ、ポール・ベタニーなどのハリウッド実力派俳優が結集した話題の新作『マージン・コール(原題) / Margin Call』について、新人監督J・C・チャンダーが語った。

 同作は、2008年の世界金融危機(リーマン・ショック)に突入する前の24時間を、投資銀行の金融マンたちの視点から描いた作品。キャストは、極秘情報を託された若いアナリスト役にザカリー・クイント、その彼の上司で熱狂的なセールスマン役にケヴィン・スペイシー、会社のリスク担当役をしているデミ・ムーア、さらに会社の最高経営責任者にはジェレミー・アイアンズが演じている。タイトルのマージン・コールとは、株の信用取引において、追加委託保証金の損失割合が大きくなって、担保力が不足しているという警告を指している。

 まず、制作経緯についてJ・C・チャンダー監督は「この映画を製作するまで、長い間CM製作に携わり、4、5年前には長編作品を制作する予定だったが、撮影前に企画倒れになってしまい、しばらく映画界から離れていた時期もあったんだ……。この離れていた時期に僕は不動産業にかかわって、そんな時期にあの世界金融危機(リーマン・ショック)が起きてしまった。だが、そんな絶望的な状況の中で、脚本の基となる81ページの草稿を4日間で書き上げ、それを(映画界の)親友に見せたことがきっかけで、この映画の製作に結びついたんだ」と随分苦労した過程であったことを語った。

 映画内では、2008年当時のリーマン・ブラザーズそのものを描いているように思える点について「この映画で描かれている投資銀行は、いかに極秘情報を他の金融関連会社に漏らさずに、世界金融危機に陥るまでの残り24時間を、どのように対応するかに視点を置いている。ただ、映画内ではこの投資銀行の名前はなく、あくまでフィクションとして描いているんだ。あくまでフィクションではあるが、フィクションだからこそ、より真実を追求し、(人々の間で)議論を引き起こすことになると思っている。なぜなら、実際に投資銀行の金融マンたちにインタビューしたところで、(自分たちを守るために)嘘をついてしまって、彼らからは何の真実も生まれてこないからだ」と述べた監督は、この映画は5、6の投資銀行をモデルとしていて、リーマン・ブラザーズだけをベースにしているわけではないことを明らかにした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マージン・コール【映画】を観ました from カフェビショップ (2012年2月6日 8時13分)
    「マージン・コール」 リーマンショックの裏側映画。 金融映画ですねえ。 まあ、なんでしょうか、 ハラハラとかドキドキのサスペンスはないですね。 なんていうか、 船が沈むとわかったやつらが、 いち早く救助ボートで脱出する話といいますか、 豪華客船が実はボ… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 31日
  5. 世界金融危機に陥る前の24時間を金融マンの視点から描くアカデミー賞オリジナル脚本賞の有力候補『マージン・コール』