シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

真冬にブルルっ!新作ホラー映画が予想外の大ヒットでナンバーワン! -1月9日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

真冬にブルルっ!新作ホラー映画が予想外の大ヒットでナンバーワン! -1月9日版
こちらは映画『ザ・デビル・インサイド(原題) / The Devil Inside』に出演しているフェルナンダ・アンドラーデ - Young Hollywood / FilmMagic / Getty Images

 大ヒット中のトム・クルーズ主演映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』をけ散らし、1月のデビュー週末興収記録において第3位という記録を打ち立て、映画『ザ・デビル・インサイド(原題) / The Devil Inside』が全米ナンバーワン映画となった。

 今週末のみで3,373万ドル(約26億9,840万円)という収益をたたき出したこの映画は、出演者たちは無名俳優たちばかり。おまけに低予算で製作されたもので、このヒットの度合いは関係者たちにとってうれしいサプライズとなった。(1ドル80円計算)

 代わって第2位は、4週目に入り32.5パーセント落下の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』で1,987万ドル(約15億8,960万円)。とはいうもののこれまでに1億6,957万ドル(約135億6,560万円)の総合興収を上げ、この勢いで行くと今週中にはシリーズ第1弾映画『ミッション:インポッシブル』の最終総合興収である1億8,100万ドル(約144億8,000万円)を追い抜き、シリーズトップの興行収入を誇る2作目の映画『M:I-2』の2億1,541万ドル(約172億3,280万円)をも抜く勢いだ。

 今週の第3位は、先週より1ランクダウンで映画『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』で1,369万ドル(約10億9,520万円)。これまでに1億5,705万ドル(約125億6,400万円)の総合興収を上げたこのシリーズ第2弾は、当初第1作目の映画『シャーロック・ホームズ』の足元にも及ばないとうわさされていたが、そんな評価を一蹴(いっしゅう)している。

 第4位は、23.3パーセントと落下度が低かった映画『ドラゴン・タトゥーの女』で1,136万ドル(約9億880万円)。ダニエル・クレイグと渡り合う新人女優ルーニー・マーラに対するアカデミー賞のうわさもあり、これから映画賞シーズンに向けてチャート動向の気になる作品だ。

 第5位は、冬休み終了と共に42パーセントも降下した950万ドル(約7億6,000万円)の映画『アルビン・アンド・ザ・チップマンクス:チップレックト(原題) / Alvin and the Chipmunks: Chipwrecked』。先週水曜日に興行収入が1億ドルの大台に乗り、現在の総合収益は1億1,159万ドル(約89億2,720万円)となっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 12日
  5. 真冬にブルルっ!新作ホラー映画が予想外の大ヒットでナンバーワン! -1月9日版