シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

園子温監督、ベネチア映画祭で快挙の二階堂ふみに64点、染谷将太に65点と意外に辛口評価

園子温監督、ベネチア映画祭で快挙の二階堂ふみに64点、染谷将太に65点と意外に辛口評価
厳しい採点の裏には園監督の「役者としてもっと大きくなる。まだピークじゃないからね」の言葉が!

 14日、映画『ヒミズ』の初日舞台あいさつが新宿バルト9で行われ、主演の染谷将太、ヒロイン役の二階堂ふみが登壇し、園子温監督から褒めたたえられたほか、原作者の古谷実氏からサプライズプレゼントを受け取って喜びをかみしめた。

 本作は漫画家・古谷実の同名コミックが原作の衝撃作。両親に見捨てられ、自滅に向かっていく15歳の少年・住田(染谷)と、彼を救おうとする同級生の茶沢(二階堂)の心の旅を壮絶に描く。染谷と二階堂が、今作での演技で第68回ベネチア国際映画祭において、日本人初のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)にダブルで輝いたことも記憶に新しい。

 この日は、登壇者全員が「ヒミズ」Tシャツを着用。中でも肩の部分をカットするなどアレンジを加えて最もスタイリッシュに着こなしていた二階堂は「初日ということで、はりきってヒミズTシャツを着てきました。ぜひ楽しんでください」とキュートにあいさつ。撮影が終わった後も、なかなか『ヒミズ』の世界観から抜け出せなかったそうで「撮影がアップした後、学校へ行くとき事故に遭いそうになった。そのときまだ抜け出せていなかったと思います」と壮絶なエピソードを明かす場面があった。

 また、園監督は撮影時に染谷と二階堂に点数を付けていたそうで、初日を迎えたこの日も改めて2人に点数を付けることになり、染谷に「65点」、二階堂に「64点」と採点。「2人はまだ役者としてもっと大きくなる。まだピークじゃないからね」と辛口採点の理由を明かした後に「映画の中の2人は満点で、星空のように輝いています」と改めて褒めたたえていた。

 そのほか、原作者の古谷実さんから、染谷と二階堂に、「あなたたちのおかげです。ありがとうございます」というメッセージと2人の劇中のイラストを書いた色紙がお披露目され2人を喜ばせていた。(古河優)

映画『ヒミズ』は新宿バルト9、シネクイントほかにて全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 14日
  5. 園子温監督、ベネチア映画祭で快挙の二階堂ふみに64点、染谷将太に65点と意外に辛口評価