シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ハリウッドデビューを果たしたGACKT、撮影中に歯が折れて2か月接着剤でしのいだことを告白

ハリウッドデビューを果たしたGACKT、撮影中に歯が折れて2か月接着剤でしのいだことを告白
芸能人は歯が命なのに……!-GACKT

 14日、丸の内ピカデリーにて、映画『BUNRAKU』の初日舞台あいさつが行われ、本作でハリウッドデビューを果たしたアーティストのGACKTが登壇。同劇場3スクリーンをジャックし、合計約2,000人の前で作品の見どころや、厳しい撮影現場を振り返った。

 GACKTと言えば、どんな困難でもクールな表情で難なくこなしてしまう……というイメージが強いが「撮影が非常にタイトで、今までの僕の人生で、できないと思うことはなかったんだけど、撮影中、もしかしたらギブアップするかも」と思ったほどハードな現場だったことを明かす。

 GACKTが演じたのはジョシュ・ハートネットなどハリウッドスターたちを相手に、激しいアクションシーンを繰り広げる侍・ヨシ。「ジョシュは195センチぐらい身長があるんだけど、監督に顔に回し蹴りをしろと言われたり(ジョシュに)地面に叩きつけられて、気を失って救急車で運ばれたり……」と現場でのエピソードは続く。それでも「40度の熱が出たのと、歯が1本折れて、2か月アロンアルフアで止めてたぐらいで済んだから」といつものGACKTらしく涼しい表情で語る姿に会場はどよめく。

 そんなGACKTだったが「劇中の世界がすべて紙でできていて、CGがふんだんに使われている一方で、アクションはすべてCGなしだったりと、いろんなこだわりが発見できるスケールの大きな作品。またスケジュールがあって、ストーリーがおもしろければ、ハリウッド作品にも出演しますよ」と場内のファンに力強く宣言していた。

 本作は、日本の古典芸能である「文楽」にインスパイアされて製作されたアクション・エンターテインメント。銃の使用が禁止された世界を舞台に、街を牛耳る組織の人間と流れ者たちが壮絶な死闘を繰り広げる姿を、漫画やテレビゲームなどさまざまなジャンルの要素を取り込んで表現している。(磯部正和)

映画『BUNRAKU』は1月14日より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー、なんばパークスシネマにて2週間限定イベント上映 1月21日よりMOVIX京都、ミッドランドシネマスクエアほかにて1週間限定上映


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 15日
  5. ハリウッドデビューを果たしたGACKT、撮影中に歯が折れて2か月接着剤でしのいだことを告白