シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

成宮寛貴、三池崇史監督の現場に初参加!「監督は甘い、いいにおいがする」とラブコール!?

成宮寛貴、三池崇史監督の現場に初参加!「監督は甘い、いいにおいがする」とラブコール!?
「異議あり!」と成宮寛貴

 16日、六本木のグランドハイアット東京で映画『逆転裁判』イベントが行われ、成宮寛貴、斎藤工、桐谷美玲、三池崇史監督らが来場、“異議あり!”なトークで盛り上がった。

 本作はシリーズ累計売上420万本を突破した大人気ゲーム「逆転裁判」の映画化作品ということで、会場の中央には証言台を設置。そこに登壇した成宮は、「去年の暮れあたりから、書類とかの職業欄にようやく役者と書けるようになりました」と役者としての自信が出てきたことを明かすと、続けて三池監督が「去年の暮れくらいからでしょうか。この映画がきっかけでようやく職業欄に映画監督と書けるようになりました。最近、ちょっと映画を作るのが上手になってきたと思っているんです」と成宮をちゃかしてみせて、会場を笑いに包んだ。

 成宮にとって三池組は初参加。「三池さんは見た目が怖いので、ちょっとドキドキしていましたけど、一言でいうと天才ですね。毎日何が起こるかわからなくてワクワクしながら撮影をしていました」とコメントすると横を向いてクスクス笑う三池監督。「何で笑っているんですか」とツッコミを入れつつも、それでも成宮のラブコールは続く。「三池さんって甘い、いいにおいがするんですよ」と語ると、斎藤が「ジャスミンの香りだよね」と付け加える。そんな二人の男たちのラブコールを受けた三池監督は「一般的に言うところの甘い加齢臭だけどね」とおどけて見せた。

 続けて斎藤が「自分がかかわった作品がレンタルビデオ屋の奥に置かれていた場合、目立つところに並び替えてしまう。主に三軒茶屋のTSUTAYAはそうしています」と「異議あり!」な出来事を告白すると、成宮も「僕は六本木のTSUTAYAで雑誌を目立つところに置いたことがある」と斎藤のコメントには「異議なし!」。撮影を通じて結束を固めた様子の俳優陣であった。(取材・文:壬生智裕)

映画『逆転裁判』は2月11日より全国東宝系にて公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 16日
  5. 成宮寛貴、三池崇史監督の現場に初参加!「監督は甘い、いいにおいがする」とラブコール!?