シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アンジェリーナ・ジョリー初監督作で栄冠ならず!ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語作品賞は『別離』!

アンジェリーナ・ジョリー初監督作で栄冠ならず!ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語作品賞は『別離』!
アンジー、受賞ならず!-第69回 ゴールデン・グローブ賞授賞式のレッドカーペットに現れたアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット - Jason Merritt / Getty Images

 16日(現地時間15日)、米アカデミー賞の前哨戦である第69回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われ、イラン映画『別離』が最優秀外国語作品賞を受賞した。同部門には、アンジェリーナ・ジョリーが初監督&脚本を務めた映画『イン・ザ・ランド・オブ・ブラッド・アンド・ハニー(原題) / In the Land of Blood and Honey』もノミネートされていたが、残念ながら受賞はならなかった。

 『イン・ザ・ランド・オブ・ブラッド・アンド・ハニー(原題)』は、アメリカ映画でありながらも全編セルビア・クロアチア語で撮影され、全米でも字幕付きで公開されることなどから、異例の外国語作品賞部門で同賞にノミネート。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を背景に、セルビア人男性とボスニア人女性のラブ・ストーリーを描いている。

 ボスニア・ヘルツェゴビナ政府から一時、撮影許可が下りないなどのトラブルに見舞われ、クロアチア人ジャーナリストから盗作だと主張されるなど、紆余(うよ)曲折を経て完成したアンジーの監督デビュー作。これまでに、第17回サラエボ映画祭で名誉賞にあたる「ハート・オブ・サラエボ」賞の受賞、米プロデューサー組合(PGA)賞のスタンリー・クレイマー賞の受賞が決定(授賞式は21日)していたが、アカデミー賞の前哨戦として名高いゴールデン・グローブ賞最優秀外国語作品賞の受賞はかなわなかった。

 栄冠に輝いたのは、第61回ベルリン国際映画祭最高賞の金熊賞など、多数の映画賞で受賞実績のある映画『別離』(アスガー・ファルハディ監督、イラン)。最有力候補として注目されていたが、予想通りの受賞となった。(編集部・小松芙未)

第69回 ゴールデン・グローブ賞 授賞式
AXNにて日本独占放送!1月21日(土)8:00pmスタート!


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 16日
  5. アンジェリーナ・ジョリー初監督作で栄冠ならず!ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語作品賞は『別離』!