シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ネットで16年もの伝統を誇る!「日本インターネット映画大賞」が投票募集中!映画ファンなら誰でも投票OK!

ネットで16年もの伝統を誇る!「日本インターネット映画大賞」が投票募集中!映画ファンなら誰でも投票OK!
まさにネット上の映画ファンのためのお祭り!? 自分の考える受賞作品をどんどん応募しよう! - 「日本インターネット映画大賞」オフィシャルサイトのスクリーンショット

 インターネットユーザーの投票によって決定し、公募から発表まですべてがネット上のみで行われる映画賞「日本インターネット映画大賞」の投票が、1月26日まで行われている。

 「日本インターネット映画大賞」(旧ニフティ映画大賞)は、1996年の第1回開催以来、今回で16回目を迎える映画賞。インターネットユーザーの投票のみで受賞作品が決定され、アカデミー賞のようなノミネーションの選考などは一切行われない。ネットにアクセスできる映画ファンならば誰でも投票可能で、投票結果だけでなく、各投票者の投票内容までがすべてインターネット上に開示されている。

 日本映画と外国映画に分けられており、投票者はまず今年最も気に入った映画を、外国映画・日本映画それぞれについて5本以上10本まで自由に選出。持ち点30点を各作品に割り振って、作品賞に投票する。さらに監督賞や主演男優・女優賞や新人賞、さらにダメ映画に送られるブーイングムービー賞などの各部門にも投票を行う。

 また、脚本がうまいと思った作品に「脚本賞」、映像が見事だと感じた作品に「映像賞」など、印象に残った作品や人物に自分で作った賞を贈れる「勝手に○×賞」部門なども。対象作品として、その年に公開された映画かどうかも限定はされておらず、あくまでも「今年自分が初めて観た映画」というのもユニークだ。

 投票については、コミュニティサイトfolomy(無料会員登録が必要)の専用フォーラムへコメントする、選出作品を記載した投票用フォーマットを自身のブログに投稿し、同大賞ブログの投票用記事にトラックバックする、投票用フォーマットを同ブログのツイッター専用記事にコメントとして投稿、ツイッターで投票した旨を知らせるといった方法がある。詳細は「日本インターネット映画大賞」サイトを確認。投票期間は1月26日 23:59まで。

 過去には『少林サッカー』や『ギャラクシー・クエスト』が作品賞に輝くなど、映画ファンの意向が色濃く反映された結果が楽しみなこの賞。ファンからのダイレクトな評価による受賞には喜びも大きいようで、毎年寄せられる受賞者たちのサイン色紙やコメントにもそのうれしさがうかがえる。ユーザーそれそれが考えた、自分だけの受賞作品を眺めるだけでも楽しくなってくる同賞。機会を逃さずに、ぜひ参加してみてほしい。(編集部・入倉功一)

「日本インターネット映画大賞」は1月26日まで投票受付中 発表は2月15日を予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 17日
  5. ネットで16年もの伝統を誇る!「日本インターネット映画大賞」が投票募集中!映画ファンなら誰でも投票OK!