シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

在日コリアンの豪快な父ちゃんを演じたぐっさんこと山口智充、ケンカで大暴れ!

在日コリアンの豪快な父ちゃんを演じたぐっさんこと山口智充、ケンカで大暴れ!
映画『犬の首輪とコロッケと』、長原成樹監督とキャスト陣

 28日、新宿のシネマスクエアとうきゅうで映画『犬の首輪とコロッケと』が初日を迎え、鎌苅健太、ちすん、中村昌也、宮下雄也、山口智充、長原成樹監督が舞台あいさつに登壇した。

 会場は鎌苅ら若手キャスト陣のファンと思われる若い女性で大盛況。昨年の8月に引退した島田紳助さんの“声の出演”が話題となった本作だが、この日の長原監督はそのことに触れることはなく、「こんなに大勢の方に初日に来ていただき、ありがとうございます。いろいろありましたが、劇場の関係者の皆さん、配給会社の皆さん、ありがとうございます」と初日を迎えた喜びを語った。

 大阪・生野の札付きの不良がお笑いの世界に飛び込むという監督自身の半生を映画化した本作。長原監督は映画化の際に「親を大事にしない子どもがいっぱいいる中で、一番伝えたいことは僕とおとうちゃんとの愛」とメッセージを寄せているが、おとうちゃん役の山口も「厚かましいかもしれないですけど、成樹さんのお父さんが持っている愛情は、父親である僕が子どもに対する愛情とそう遠くないと思ったんです。だから僕の中のおとうちゃんという気持ちを豪快にアタックしていけば、おそらく成樹さんは認めてくれる」と思いながら演じたことを述懐する。
 
 さらに劇中では、セイキの実家では法事があるたびに親戚一同がケンカを始めてしまう、というシーンがあったが、山口は「あれはお祭りというか、僕の中では映画を撮っているという臨場感があって楽しかった。(大平)サブローさんとか、普段は先輩にコラー! なんて言われへんけど、このときばかりはめちゃくちゃ熱くなって。成樹さんがカットと言うてもみんな聞こえない。気付くと必ず灰皿が割れていたりした」と楽しそうに振り返ると、中村が「僕は山口さんを止める役でしたけど、重戦車でした。普通に吹っ飛びましたから」と、そして鎌苅が「4人がかりでも止まらなかった。すごかったよね」と付け加えた。(取材・文:壬生智裕)

映画『犬の首輪とコロッケと』はシネマスクエアとうきゅうほかにて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 28日
  5. 在日コリアンの豪快な父ちゃんを演じたぐっさんこと山口智充、ケンカで大暴れ!