シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

仲里依紗、動揺… 母親代わりを務めたワラビーの赤ちゃん死去に「あまりにも早い永遠の別れ」

仲里依紗、動揺… 母親代わりを務めたワラビーの赤ちゃん死去に「あまりにも早い永遠の別れ」
ワラビーの赤ちゃんガンバとの永遠の別れについて心境をつづった仲里依紗

 女優・仲里依紗が、バラエティー番組「天才!志村どうぶつ園」の企画で、母親代わりとして育てていたワラビーの赤ちゃん・ガンバが亡くなったことについて「動揺を隠せずにいます」とオフィシャルブログで心境を吐露した。

 昨年の6月から同番組内で母親のいない生後2か月のガンバを育ててきた仲。もともと動物好きで知られている仲だけに、母親の袋の代わりとして手作りの袋を作るなど、ガンバのために尽くしてきた。仲は約7か月ガンバの世話をしてきたが、ガンバを兄の群れに帰すことで責任を果たし、母親の役目を終えていた。

 そんな中、ガンバが天国へと旅立った。原因ははっきりとせず、飼育員によると「飼育舎内の壁に激突したため」だという。仲は「あまりにも、突然すぎてどうしていいかわからなくなっちゃって…」と訃報を聞いた時の状況を振り返り、「あまりにも早い永遠の別れに今も私は動揺を隠せずにいます」と苦しい胸の内を吐露。

 今自分にできることは「ガンバのことをいっぱいいっぱい思ってあげること」と力を振り絞り、番組の視聴者や仲のファンなどから多くの応援を受けたガンバは「本当に幸せ者」と思いをはせている。最後には「ずっとずっと大好きだよ! また会おうね!」と仲はメッセージを送り、深い悲しみから少しでも前を向こうとする様子が見て取れる。(清水一)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 31日
  5. 仲里依紗、動揺… 母親代わりを務めたワラビーの赤ちゃん死去に「あまりにも早い永遠の別れ」