シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

“イラドル”嗣永桃子、笑顔で告白「人を殺すシーンは難しかった」

“イラドル”嗣永桃子、笑顔で告白「人を殺すシーンは難しかった」
“イラドル”!?-嗣永桃子

 8日、ハロー! プロジェクトのガールズロックユニットBuono! (鈴木愛理、夏焼雅、嗣永桃子)が、初主演映画『ゴメンナサイ』のDVD&ブルーレイ発売記念イベントをタワーレコード渋谷店で行った。度を越したぶりっ子ぶりで周りの人をイライラさせてしまうことから“イラドル”として人気の嗣永はこの日も嗣永節全開。イベント中に何度も「ももちかわいい」と自画自賛を連発し、ファンから大ブーイングを浴びていた。

 この日劇中の制服衣装で登場した嗣永は、ホームルームでクラスメートに話しかけるシーンに触れて「ももちは小学4年生のときは学級委員やっていたんですよ」と告白。さらに「学級崩壊とかにならずにできていたから、そのときの経験を生かして『ももちかわいいな』という視線を浴びせられつつもやりました」と自画自賛でアピールした。

 また、嗣永は本作で人を殺すシーンにも初挑戦。普段から小指を立てて「ファンからの愛を受信するアンテナ」としているだけに撮影は難しく、「監督から小指を立てるなって怒られていたから、そればっかり気にしていました」と嗣永らしい悩みを明かして笑いをさそっていた。

 一方、夏焼は「学校でも付箋(ふせん)使ったことないのに、セリフ覚えるのに必死で台本は付箋だらけにしていました」と一生懸命取り組んだ撮影を告白。鈴木は初めての血のりを浴びるシーンに、「あまり経験することもないので楽しかったです」と笑顔で語った。

 イベントには約300名のファンが集まり、トークのほかに主題歌「DEEP MIND」のミニライブや握手会、抽選会も開催。抽選会では台本や生写真などがプレゼントされるなど盛りだくさんの内容となっていた。

 『ゴメンナサイ』は、は℃-uteの鈴木愛理、Berryz工房の嗣永桃子と夏焼雅の3人組アイドルユニットBuono! が初主演を務める学園ホラー。80万人もの読者を熱狂させた携帯小説を基に、1本の芝居の脚本をめぐる高校生たちの恐怖体験を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『ゴメンナサイ』DVD豪華版(税込み:5,040円)、通常版(税込み:3,675円)、ブルーレイ2枚組(税込み:6,090円)は発売中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 8日
  5. “イラドル”嗣永桃子、笑顔で告白「人を殺すシーンは難しかった」