シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ケイト・ウィンスレット、3D『タイタニック』で15年前の自分を目にした感想を吐露!

ケイト・ウィンスレット、3D『タイタニック』で15年前の自分を目にした感想を吐露!
15年前のケイトの演技にも要注目! - 写真:Photofest/アフロ

 4月に公開を控え、世界中のファンが心待ちにしている3D版『タイタニック』だが、初公開から15年の月日を経て、伝説のラブストーリーが再びスクリーンに登場することに、製作スタッフやキャストたちも、特別な思いを抱いていることだろう。

しかし、主演女優のローズを演じたケイト・ウィンスレットは、なかなか複雑な思いを抱いているようだ。17分間の映像を見たというケイト・ウィンスレットは、「あの時私はあまりいい女優じゃなかったわ」とウェブサイトUSA Todayに語っている。

 15年前の自分を見て、「これが私?お願い、誰か止めて!」という心境に陥ったというウィンスレットは、そうは言いながらも、二人の子供たち、11歳のミアと8歳のジョーと共に映画館で3D版『タイタニック』見るのをとても楽しみにしているという。

『タイタニック』で初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされてから、『エターナル・サンシャイン』『リトル・チルドレン』と更に二度のノミネートを経て、ついに『愛を読むひと』で2008年にオスカーを手にしたウィンスレット、この15年間の軌跡に思いを馳せながら、子供たちと共にスクリーンによみがえる『タイタニック』を堪能することだろう。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 20日
  5. ケイト・ウィンスレット、3D『タイタニック』で15年前の自分を目にした感想を吐露!