シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

田中麗奈、新作映画公開で鹿野農林水産大臣と対面! 監督から続編出演のラブコールも

田中麗奈、新作映画公開で鹿野農林水産大臣と対面! 監督から続編出演のラブコールも
若い人々が農業に足を踏み入れるきっかけになればと語った田中麗奈と、鹿野道彦農林水産大臣、塩屋俊監督(左より)

 映画『種まく旅人~みのりの茶~』でお茶栽培に奮闘するヒロインを演じた田中麗奈が、27日に塩屋俊監督と共に農林水産省を訪問し、鹿野道彦農林水産大臣と対面した。田中は「実際に茶畑での作業を体験して、その大変さを実感しました。この映画が、若い方たちに(農業に)足を踏み入れてもらうきっかけになれば」とさわやかにアピールしていた。

 本作は、大分県臼杵市を舞台に、全国の農家を回って農業発展に尽力する農林水産省の役人・大宮金次郎(陣内孝則)が、危機に陥ったお茶農家を救う姿を描く心温まるドラマ。田中はデザイナーの仕事をリストラされ、有機緑茶農家を営む祖父・修造を訪ねて東京からやって来るヒロイン・みのり役。祖父が倒れたことで、畑仕事に乗り出すみのりと、そんな彼女を助ける金次郎の姿が、どこか懐かしい風景と共に描かれる。

 この日、にこやかに二人を出迎えた鹿野大臣は「(劇中で)田中さんが農業に取り組む姿を、いろんな人たちに観てもらいたい。女性もこの分野で活躍することが不可欠ですからね」と語ると、田中は「若い方にどんどん農業に足を踏み入れてもらえば、豊かになっていくと思います」と答えた。また、「有機栽培がどれだけ時間をかけて、愛情を込めて作っているものなのか、(この映画に出演して)知ることができて良かったです」とほほ笑んだ。

 また、塩屋監督は「(劇中で)田中さんが輝いています」と田中を絶賛。そして「エンターテインメントで第一次産業を応援したいと思って、この映画を作りました。シリーズ化したいと思っていまして、次回作の構想もあります。また田中さんに出演してもらいたい」と今後のシリーズ化への抱負を語っていた。(古河優)

映画『種まく旅人~みのりの茶~』2012年3月3日の大分・福岡先行公開、3月17日より有楽町スバル座ほか、全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 27日
  5. 田中麗奈、新作映画公開で鹿野農林水産大臣と対面! 監督から続編出演のラブコールも