シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

安岡力也さん死去に「兄貴のような人」と高橋克典、寂しさ口に…

安岡力也さん死去に「兄貴のような人」と高橋克典、寂しさ口に…
哀悼の意を表した高橋克典

 9日、舞台「十三人の刺客」の製作発表会見が都内で行われ、主演の島田新左衛門役の高橋克典、新左衛門と対立する鬼頭半兵ヱ(きとうはんべえ)役の坂口憲二、そして新左衛門の妻を演じる釈由美子が出席し、意気込みを語った。高橋は、昨日亡くなった安岡力也さんについて「会うたびに声を掛けてくれる、兄貴のような人でした。とても寂しい。ご冥福をお祈りします」とコメントする場面もあった。

 今回初の舞台化となる「十三人の刺客」は、1963年に公開された片岡千恵蔵主演の映画(2010年には三池崇史監督、役所広司主演でリメイクもされている)の脚本が原作で、幕閣への昇進を控えた暴虐な藩主をめぐる、武士たちの激しい攻防が展開する作品。舞台版では新左衛門の「妻」という新たな設定を加えたほか、新左衛門と半兵ヱが剣の腕を競い合った青春時代や初恋、命運を共にする十三人の刺客たちの「きずな」を描く予定だ。

 今作が2年ぶり2度目の舞台出演で、新左衛門の妻を演じる釈は「殺陣のシーンでバサバサ斬る気満々だったのですが、わたしにはそういう場面がないと知ってがっかり(笑)。そのかわり、大和撫子の芯の強さ、凛とした美しさを出せるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 一方、13年ぶりの舞台出演となる高橋は「スピード感、力があふれるエンターテインメント作品になると思う」と舞台の出来に自信を見せた。また、所属事務所の後輩で、今回自身の敵役を演じる坂口について高橋は「圧倒的な華を持っている。舞台ではえるのでは」とその存在感に太鼓判を押していた。

 なお、この日の会見には共演の川村陽介、袴田吉彦、西岡徳馬、脚本・演出のマキノノゾミらも出席した。(古河優)

舞台「十三人の刺客」は8月3日~18日に東京・赤坂ACTシアター、8月21日~29日に大阪・新歌舞伎座にて上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 9日
  5. 安岡力也さん死去に「兄貴のような人」と高橋克典、寂しさ口に…