シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

あまりにむごい実話!『先生を流産させる会』初日は満員札止めの大盛況

あまりにむごい実話!『先生を流産させる会』初日は満員札止めの大盛況
『先生を流産させる会』で先生を演じた宮田亜紀

 26日、映画『先生を流産させる会』の初日舞台あいさつが渋谷ユーロスペースにて行われ、教師役の宮田亜紀、生徒役の相場涼乃、竹森菜々瀬、小林香織、高良弥夢、室賀砂和希、そして内藤瑛亮監督が登壇。上映開始のかなり前に満員となり、急遽、収容人数が広いスクリーンに変更となるなど、注目度の高さを伺わせる初日となった。

 非常に衝撃的なタイトルで物議を醸している本作。先日のトークショーでは、内藤監督が制作意図について胸の内を明かしたが、この日は生徒たちの対象となる女性教師を演じた宮田と、加害者となる生徒役を演じた少女たちも出席。

 妊娠した教師役を演じた宮田は「怖いタイトルの映画ですが、撮影の合間は生徒(役の子ども)たちと楽しく過ごせました」と当時を振り返る。また非常に難しいテーマの作品だが「この役をやることに何の迷いもなかった。出演できて良かった。特に女性の方や、中学生ぐらいの子どものいる方に観て欲しい。そして反抗期だった中学生時代の自分に観せてやりたい」と作品の出来に自信をのぞかせる。

 出演した生徒役の女の子たちも、口をそろえて「現場は楽しかった」と撮影が行われた2年前の夏を懐かしむように思い出話に花を咲かせる。そんな子どもたちを見ながらほほ笑む内藤監督だったが「事件の詳細というより“先生を流産させる会”という言葉に衝撃を受けました。否定されたくないものを否定されたような感覚って何なんだろうというところから映画作りを始めました。僕なりの見解をこの作品では出したつもりですが、それが絶対的な真理というつもりではありません。なぜこの言葉に我々は強い拒絶を感じるのか、ということを考える機会になってくれたら……」と強い視線で満員の観客に問いかけていた。

 本作は、愛知県の中学校で実際に起きた女性教諭を流産させようとする生徒たちが起こした事件をベースに“いのち”をめぐる葛藤と向き合った人間ドラマ。(磯部正和)

映画『先生を流産させる会』は渋谷ユーロスペースにてレイトショー公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 26日
  5. あまりにむごい実話!『先生を流産させる会』初日は満員札止めの大盛況