シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

生田斗真が冷徹殺人マシーンに!江戸川乱歩賞「脳男」映画化!松雪&江口共演!

生田斗真が冷徹殺人マシーンに!江戸川乱歩賞「脳男」映画化!松雪&江口共演!
生田斗真と豪華共演! 松雪泰子&江口洋介 - (C) 2013 映画「脳男」製作委員会

 作家・首藤瓜於による第46回江戸川乱歩賞受賞作「脳男」が、映画『八日目の蝉』の成島出脚本、『はやぶさ 遥かなる帰還』の瀧本智行監督により映画化され、生田斗真が主演を務めることが明らかになった。生田は、生まれつき感情の無い殺人マシーン“脳男”という難役に挑み、松雪泰子が脳男に興味を持ち真相を探る脳神経外科医役、江口洋介が脳男を追い続ける刑事役で共演する。

 映画『脳男』は、生まれつき並外れた記憶力と知能・肉体を備えながら、人間の感情は持たないという謎めいた男、脳男(生田)が主人公のバイオレンス・ミステリー。『僕等がいた 前篇』『僕等がいた 後篇』『源氏物語 千年の謎』などに主演してきた生田が本格的なアクションに初挑戦し、美しき殺りく者でダークヒーローの脳男を体現する。

 「感情を持たず、痛みを感じない殺人マシーンという、これまで演じてきた役とは大きく異なる役」と脳男について語った生田は、本作が自分にとって「新たな挑戦」であると位置づけ、オファー時から「この作品に全てを懸けてみようと思いました」と決意を明かす。事前に武術の稽古を半年間行い、「この作品が自身のこの先の道のりを大きく広げてくれるよう、日々撮影に励んでいます」と意欲を見せた。

 そして、深いトラウマを抱えながら、性善説を信じ犯罪者を救おうとする脳神経外科医・鷲谷真梨子を演じる松雪は、「静かな緊張感の中で展開される、緊密なやりとりに脚本を読んで静かな興奮を覚えました」と作品の印象を語り、無骨だが正義感の強い茶屋刑事にふんする江口は、「新しい日本のアクション映画が間違いなく生まれると感じています」と自信をのぞかせている。

 2000年9月の刊行以降、その独創的な内容が多くのファンを生み、現在までで31万部超えの売り上げを記録しているミステリー小説「脳男」。発刊から10年以上の時を経て、予測不能の究極バトルがついに実写化される。物語の舞台はある地方都市。猟奇無差別連続爆破事件をきっかけに、犯人の緑川、茶屋刑事、共犯者と見なされた脳男こと鈴木一郎、鷲谷医師が絡み合い、正義と悪、愛や心について浮かび上がらせていく。(編集部・小松芙未)

映画『脳男』は2013年2月公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【予告編】生田斗真・映画「脳男」主演 from 事的真相 (2012年6月13日 0時48分)
    生田斗真(ジャニーズ)が映画「脳男」の主演に決まった。 第46回江戸川乱歩賞を受賞するなど高い評価を集めた首藤瓜於による小説「脳男」を映画化。 ダークヒーロー役は初めての生田斗真。 江口洋介や松雪... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 12日
  5. 生田斗真が冷徹殺人マシーンに!江戸川乱歩賞「脳男」映画化!松雪&江口共演!