シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

離婚裁判中の高嶋政伸、明るく元気にトーク!「びっくりさせるのが大好きなんです」

離婚裁判中の高嶋政伸、明るく元気にトーク!「びっくりさせるのが大好きなんです」
軽妙なトークを繰り広げた内野聖陽(左)と高嶋政伸

 現在妻でモデルの美元との離婚裁判で世間をにぎわせている高嶋政伸が30日、映画『臨場 劇場版』の初日舞台あいさつに登壇し、主演の内野聖陽と軽妙なトークを繰り広げた。この日はそのほか、松下由樹、渡辺大、平山浩行、橋本一監督が登壇した。

 この日登壇した高嶋は、最初緊張の面持ちだったものの、トークが進むにつれて徐々に柔らかな表情に。スタッフや共演者への気持ちを聞かれた高嶋は「ウッチー(内野)はまれにみる役者バカ。のめり込み方がすごい。(内野の役名の)倉石そのもの。もう、倉石って名前にしたら?」と隣の内野に提案して会場を沸かせた。

 そんな高嶋に内野は「ひどいんですよ、この人。リハーサルでやってもいないことを、本番でやるのでびっくりさせられていたんです」と撮影時のエピソードを明かしてぼやくと、高嶋は「(人を)びっくりさせるのが大好きなんです、僕」と涼しい顔をしていた。

 この日は登壇者それぞれが、本作への思いをつづった自筆の書を披露。「集大成」とつづった松下は「この映画は、スタッフ、キャスト一丸となって作り上げてきたものです。自分が演じた小坂という女性は常に前向きで努力を惜しまない。その一生懸命さはどんな人にも共感してもらえると思います」とさわやかにアピールした。

 また、舞台上で「まなざし」と書をつづった内野は「倉石は無骨なキャラクターだけど、死者、被害者、遺族、犯人、チーム、捜査対象に対して、その根底に温かいまなざしがある人間だと思っていました」とコメント。そのほか、「命」とつづった高嶋は「この映画は、命の大切さが大きなテーマの一つ。役者として、役に命を吹き込んでやらせていただきました」と真摯(しんし)な表情で語っていた。

 本作は、「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで知られるベストセラー作家・横山秀夫のミステリー小説を原作にした人気テレビドラマの劇場版。並外れた観察力と洞察力で難事件を解決してきた検視官・倉石(内野)が、ある事件の関係者を狙った連続殺人事件の真相を追い求めていく。(古河優)

映画『臨場 劇場版』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 第902回ナイナイのANN (2012.06.28) from お笑いラジオの時間 (2012年7月3日 1時31分)
    第902回ナイナイのANN (2012.06.28) 2012年6月28日号 第902回 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 30日
  5. 離婚裁判中の高嶋政伸、明るく元気にトーク!「びっくりさせるのが大好きなんです」