シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ダイ・ハード4.0』のジャスティン・ロング、スティーヴン・キング原作の『ザ・テン・オクロック・ピープル』に主演交渉

『ダイ・ハード4.0』のジャスティン・ロング、スティーヴン・キング原作の『ザ・テン・オクロック・ピープル』に主演交渉
キング作品にジャスティン・ロングが主演? - Alberto E. Rodriguez / Getty Images

 映画『ダイ・ハード4.0』や『遠距離恋愛 彼女の決断』など幅広い映画経験の持ち主、ジャスティン・ロングがスティーヴン・キング原作の映画『ザ・テン・オクロック・ピープル(原題) / The Ten O'Clock People』に主演交渉とのニュースをDeadline.comが伝えた。

 この作品はスティーヴン・キングの短編「十時の人々」の映画化で、大型短編集「ナイトメア&ドリームスケープス」の中の一編。日本では「メイプル・ストリートの家」に分冊されて収録されている。

 監督は映画『チャイルド・プレイ』やオリジナル版『フライトナイト』などでメガホンを取ったトム・ホランドがメガホンを取ることが決まっている。ホランド監督がキング作品を映像化するのは、テレビ映画「スティーブン・キング/ランゴリアーズ」、映画『スティーヴン・キング/痩せゆく男』に続いて3度目となる。

 原作の「十時の人々」は、ボストンを舞台にタバコをやめようとしている男ブランドン(ジャスティン・ロング)が、なかなかやめられずにいた肩身の狭い喫煙者たちと10時にある広場に集まっていると、やがて世界を襲うことになるとんでもない事実に直面するという物語。タバコ中毒に苦しんでいたキング自身の状況をベースにしているらしい。また原作は1990年代を舞台としているが、映画は喫煙者にとってさらに肩身の狭い現代を舞台とするという。どのような映画になるのか今から楽しみだ。(後藤ゆかり)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 3日
  5. 『ダイ・ハード4.0』のジャスティン・ロング、スティーヴン・キング原作の『ザ・テン・オクロック・ピープル』に主演交渉