シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ケイティ・ホームズ、ミセス・トム・クルーズではなく自分自身でいたかった

ケイティ・ホームズ、ミセス・トム・クルーズではなく自分自身でいたかった
今になってやっと自分が見えてきた気がするわ。 - ケイティ・ホームズ - Jason Merritt / Getty Images

 ケイティ・ホームズがトム・クルーズとの離婚を発表する数週間前の雑誌インタビューで、トムの影から抜け出したいという思いをのぞかせている。

 インタビューの中でケイティは、トムの妻、スーリの母親というイメージではなく、ケイティ・ホームズという一人の別の人間というイメージを確立したいことをにおわせている。「夫は30年間トム・クルーズという人間でい続けている。わたしも自分が誰であるか、どこにいるか、どこに向かいたいかをちゃんとわかっているから、今後はそれに集中したい」と米Elle誌に語っている。

 トムとの結婚は仕事を獲得する上でプラスになったか、マイナスになったかと聞かれると、自分というブランドを確立するためには、さらなる努力が必要だと気付いたという。「余計に注目をされる状況にいると、人はより努力をするものよ」と楽ではなかったようだ。

 それなりの苦労をしてきたケイティ・ホームズだが、33歳の自分は居心地がいいらしい。「昔よりも自分自身にしっくり感があるわ。自分がセクシーだとも感じる。20代のころは戸惑うことが多かったけど、やっと自分が見えてきたという気分。新局面という感じね」と語っている。インタビューアーはこの時、どれほどの新局面なのかは知る由もなかっただろう。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 16日
  5. ケイティ・ホームズ、ミセス・トム・クルーズではなく自分自身でいたかった