シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

川村ゆきえ「乳首の数は勝ってます!」と生脚で『ヘルタースケルター』に勝利宣言!

川村ゆきえ「乳首の数は勝ってます!」と生脚で『ヘルタースケルター』に勝利宣言!
川村ゆきえ、エロ・グロ・バカがMAXの「ピラニア」シリーズに出演希望!

 14日、昨夏話題を呼んだ『ピラニア3D』の続編『ピラニア リターンズ』が公開初日を迎え、グラビアアイドルの川村ゆきえ、イラストレーターの安齋肇、漫画家の花くまゆうさくという「ピラニア好き」メンバーが集まり、スペシャル・トークショーが行われた。

 エロ・グロ・バカが前作以上に凝縮された本作、意外な「ピラニア好き」に思われた川村だが、本人によれば「スプラッターとか痛い系が好き」だという。

 トークショーでもメンバー随一のやる気を感じさせ、先んじて行われた3人の対談で、花くまが発した「ホットパンツの主人公が一番エロい」という言葉を受け、今回は生脚披露のデニムで登場。観客にも見えるよう立ち上がると、この日一番の拍手が起きていた。

 川村は本作を「『ヘルタースケルター』より乳首の数は勝ってます!」と話題作に“エロ”で上回るとPR。これに呼応し、花くまと安齋も「主人公が潜っていく時のパンツの感じがすごくよかった」(花くま)、「(作品に出てくる)アダルト・プールをとしまえんとかでやってくれたら絶対行く」(安齋)と、やはり本作の魅力をそれぞれエロ目線で語っていた。

 すっかり本作がお気に召した様子の川村は「ぜひ第3弾は日本で、温泉でやってほしい。そうしたら日本人のわたしも、何となく出られるじゃないですか」とトークショーの締めの部分でコメント。製作陣が聞いたら本当に考慮しかねないアピールで会場からもどよめきを呼び、トークを締めくくっていた。

 本作は昨夏熱狂的支持を受けた『ピラニア3D』の続編映画。オープンしたばかりのウォーター・パークにピラニアの大群が来襲し、前作以上の惨劇が繰り広げられる。(長谷川亮)

映画『ピラニア リターンズ』はヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 15日
  5. 川村ゆきえ「乳首の数は勝ってます!」と生脚で『ヘルタースケルター』に勝利宣言!