シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

松田龍平&宮崎あおい、異色の“辞書”映画で共演!本屋大賞受賞作「舟を編む」が映画化!

松田龍平&宮崎あおい、異色の“辞書”映画で共演!本屋大賞受賞作「舟を編む」が映画化!
本作で共演する松田龍平と宮崎あおい

 松田龍平と宮崎あおいが、2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を原作にした映画『舟を編む』(石井裕也監督)で共演することが明らかになった。辞書作りに人生をささげることになる主人公・馬締光也(まじめ みつや)を松田が、その光也が一目ぼれする下宿先の大家の孫娘で板前見習いの林香具矢(はやし かぐや)を宮崎が演じる。公開は来年4月13日を予定している。

 タイトルになっている「舟を編む」とは、辞書を言葉の海を渡る舟に見立てた表現であり、本作で描かれるのは辞書という舟を編集する=編む人々の姿。現在一冊の辞書に収録されている言葉は20数万語、作るのに掛かる年数はおおよそ15年だというが、本作は、そんな大事業に挑む、ある出版社の変わり者の寄せ集め編集部の物語となっている。

 原作を読んだ石井監督は、「この途方もない作業に敢然と立ち向かっていく人間たちの姿に感動しました」と感想を述べるとともに、「一つの仕事をやり遂げるために人生を賭けるとはどういうことなのか。答えは永久に見つからないかもしれませんが、悩みながら、考えながら、映画を作っていこうと思っています」と意気込みを明かす。

 また、石井監督と同い年であり、また同じく三浦原作の『まほろ駅前多田便利軒』にも出演した松田は「辞書を作ることで、言葉と人と向き合って成長していく役が今から楽しみです」と語るように、撮影が待ち遠しい様子。演じるのは出版社で変人として持て余されながらも、独特な言葉の才能を買われて辞書編集部に迎え入れられるキャラクター。その一方で、一目ぼれした女性に初めて感じた思いを何とか言葉にして伝えようと奮闘する不器用さもあり、松田がどのように演じるのか、期待が懸かる。

 ヒロインの板前見習い・香具矢を演じる宮崎は今回、石井監督と初タッグ。「初めての石井組ですが、二度目三度目のスタッフ・キャストの方が多いので、とても楽しみにしています。石井監督のもとで香具矢という大人の女性をきちんと生きることができるように頑張ります」とコメントしている。

 撮影は今月下旬にクランクインし、9月上旬にクランクアップ予定。完成は今年12月を見込んでいる。異色ともいえる“辞書”映画だが、そこで描かれるのは言葉という絆を得て、個性的な登場人物それぞれの人生が編みあげられていくさま。誰かに思いを伝えたいと思う人全てに贈る作品となっている。(編集部・福田麗)

映画『舟を編む』は2013年4月13日より丸の内ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 13日
  5. 松田龍平&宮崎あおい、異色の“辞書”映画で共演!本屋大賞受賞作「舟を編む」が映画化!