シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

武井咲、汚れてもいい!女優の魅力に引き込まれた『るろ剣』撮影を振り返る(1/2)

武井咲、汚れてもいい!女優の魅力に引き込まれた『るろ剣』撮影を振り返る
女優として『るろうに剣心』の撮影を振り返った武井咲

 映画『るろうに剣心』でヒロイン・神谷薫を演じた武井咲が、本作を通じてより強くなったという女優としての覚悟について語った。剣術道場を一人で守る17歳の師範代という役柄に挑戦した武井は、「少しでも道場になじむために、カメラが回っていないときには雑巾がけをしていました」と笑顔で話すなど、その役づくりは実に見事なものだ。

 そんな武井は、撮影前には原作とアニメ版をしっかりチェック。自身の役づくり……のはずが、剣心の魅力にハマってしまったそうで、「かっこいいですよね~」と告白。もちろん、自身が演じた薫というキャラクターにも魅力を感じたといい、「すごくけなげで真っすぐで、そこが本当にキュート。一人で道場を守るという寂しさはあるはずだけど、それを顔には出さず、むしろ『そんなの平気よ!』って言うところがかわいらしいんです。剣心にどんどんひかれていっているのに、それに気付いていないところも魅力ですね」と薫というキャラクターを絶賛した。

 だが、真っすぐであるがゆえに、薫は剣客・刃衛と対決することにもなる。「殺陣(たて)って紙一重でとても危険なものなんです。だから、なかなか本気では打ちこめないんですけど、刃衛役の吉川(晃司)さんがドンと構えてくださったので、安心して撮影に臨むことができました」と振り返る。別のシーンでは、“心の一方(しんのいっぽう)”という呼吸ができなくなる術をかけられてしまう展開も。「大友(啓史)監督からは『本当に息を止めないとできない演技』というアドバイスをいただきました。長い時間、呼吸を止めると自然と涙がこぼれてきて、言葉も継げなくなるんですよ」と明かした武井は、それらの撮影を通じて女優としての覚悟を一層強くしたという。

 「もともとモデル志望だったので、かわいい服を着たり、大人っぽく見えるだけでうれしかったんです。基本的にモデルはいつもきれいでいることが大事ですよね。でも、女優はむしろ汚れているほうが魅力的に見えることもある。それって、かっこいいじゃないですか」と開眼した様子。上のワンシーンを例に挙げると、「まず、呼吸が止まった人間はどういう状態になるんだろう? って考えてみます。そして、そんなむちゃくちゃな発想を実際に演じるのが本当に楽しいんです。泥や涙にまみれてグチャグチャになっても、自分が作品の役に立つのなら『もう、どうなってもいい!』って思えるようになったんです」と強いまなざしで語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 武井咲 ヤンキー伝説の彼女が「るろうに剣心」を振り返る【画像】 from 女優と映画 ヌード&エロ画像 (2012年8月30日 15時33分)
    武井咲 ヤンキー/るろうに剣心【画像】 「武井咲はヤンキーだった」とネットで噂が絶えない、武井咲 ~ 武井咲。映画「るろうに剣心」でヒロイン・神谷薫を演じた武井咲が、「汚れてもいい!」と女優の魅力... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 18日
  5. 武井咲、汚れてもいい!女優の魅力に引き込まれた『るろ剣』撮影を振り返る