シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

倉科カナ、濱田岳に「ほら、レンズを恋人と思って!」とグイグイ

倉科カナ、濱田岳に「ほら、レンズを恋人と思って!」とグイグイ
倉科カナ

 23日、倉科カナと濱田岳が新宿バルト9で行われた配信ドラマ「東野圭吾ドラマシリーズ“笑”」プレミア試写会に出席し、同作で行っている「つながれ『笑』キャンペーン」のため、舞台あいさつのステージで写真を撮り合った。カメラを持ってノリノリになった倉科は「ほら、レンズを恋人と思って!」とぐいぐい迫り、濱田を赤面させた。

 KDDIとJ:COMが新サービスを開始するにあたり製作を決めたプレミアムドラマ「ドラマJoKer<ジョーカー>」で、8月1日より配信される「東野圭吾ドラマシリーズ“笑”」。人気作家・東野圭吾の「笑」シリーズと呼ばれる作品群の中から、「モテモテスプレー」(「黒笑小説」所収)、「あるジーサンに線香を」(「怪笑小説」所収)、「誘拐電話網」(「毒笑小説」所収)をドラマ化した。

 濱田と倉科が出演する「モテモテスプレー」は告白しても成功したためしがない主人公・タカシ(濱田)が、ある怪しげな博士(津川雅彦)から絶対モテるスプレーを手に入れたことから起こる出来事を描く物語。モテモテスプレーをかけられて豹変してしまうヒロインを演じた倉科は「コメディーは難しいイメージがあったので悪戦苦闘していましたが、スプレーをかけられたときのわたしの演じるヒロインの豹変ぶりはぜひ観てください」とアピール。濱田演じる主人公については「モテたくてモテたくて仕方がなくてもがいている姿が、とてもかわいらしいです」とほほ笑んだ。

 また、作品に登場するモテモテスプレーにちなんで今最も欲しいアイテムを聞かれると、濱田は「“セガノビール”が欲しい。180センチくらいあったらジェットコースターに乗るとき身長制限にドキドキしなくていいので」と自身の身長160センチをネタに。一方、仕事で多忙という倉科は「“どこでもドア”が欲しいです。忙しくて移動時間がもったいないので、あったら現場に行きます!」と願望を明かした。

 なお、「つながれ『笑』キャンペーン」は、トータス松本が歌う主題歌「笑ってみ」をBGMにしたドラマ版スペシャルプロモーションビデオに使用する笑顔写真を募集するもの。ツイッターとFacebookを通して、9月末まで募集を行っている。(取材・文:中村好伸)

ドラマ「モテモテスプレー」は8月1日より、「あるジーサンに線香を」は9月1日より、「誘拐電話網」は10月1日よりJ:COMオンデマンド、au「ビデオパス」にて配信


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 23日
  5. 倉科カナ、濱田岳に「ほら、レンズを恋人と思って!」とグイグイ