シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『シックス・センス』ハーレイ・ジョエル・オスメントを直撃!俳優を続ける理由とは?(1/2)

『シックス・センス』ハーレイ・ジョエル・オスメントを直撃!俳優を続ける理由とは?
ハーレイ・ジョエル・オスメント

 映画『シックス・センス』や『A.I.』などで注目を浴びたハーレイ・ジョエル・オスメントが、ニューヨークのリンカーン・センターで行われているNew Festに出品されている新作『サシー・パンツ(原題) / Sassy Pants』について、コリー・ソーン監督とプロデューサーのアダム・ウィルキンスとともに語った。

 同作は、過保護な母親(アンナ・ガン)のもとホームスクールの授業を受けていた18歳のベサニー(アシュリー・リッカーズ)は、大学の進学を巡って母親と喧嘩して家出をする。そこで彼女は、母親と別れてゲイとしてカミングアウトした父親(ディードリック・ベーダー)を訪ねるが、父親はすでに若いボーイフレンド(ハーレイ・ジョエル・オスメント)とともに暮らしていたために、彼女は自立する決意をしていくというコメディ作品。監督は、映画『ヘアスプレー』(1988年)やテレビドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」などで女優として出演していたコリー・ソーン。

 これまで女優業をやっていたコリー・ソーンは、自身の短編作品をもとに長編作を手掛けた。「この作品は、わたしが3年前に製作した短編『ブートニエール(原題) / Boutonniere』を基に手掛けていて、短編はこの映画の最初の10分間とほぼ変わらない内容なの。ただ、短編では主人公の自宅で行われるプロムパーティーを中心に描いているけれど、今作では主人公の卒業から大学に入るまでの過程を描いているの。短編は2009年のサンダンス映画祭に出品され、わたし自身は、それから別のアイデアで長編作を製作しようと思っていたけれど、短編のキャラクターを忘れることができなくて、結局短編を基に長編を製作することになったの」と明かした。

 クリスマスのホリデーシーズン中に、この映画に参加していたハーレイ・ジョエル・オスメントは「僕がこの脚本を手渡されたのは、彼らが撮影に入る1週間前だった。脚本のキャラクターは明確で、腹を抱えて笑ってしまうほどその内容は可笑しくて、その日のうちに出演することを決めたんだ」と迷いがなかったことを話した後、ゲイ役を演じるうえでの衣装については「脚本には(キャラクターの)ブーツやショーツなどは明確に記されていたが、アダム・ランバート(人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」で準優勝した歌手)のような髪型に変えたり、ピアスをしたり、さらにネイルペイントのアイデアは僕が出して決めたんだよ!(笑)」と語る通り、かつて人気を博した子役とは全く違った姿に変身している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 5日
  5. 『シックス・センス』ハーレイ・ジョエル・オスメントを直撃!俳優を続ける理由とは?