シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

園子温『希望の国』オスカー前哨戦トロント国際映画祭でワールドプレミア!

園子温『希望の国』オスカー前哨戦トロント国際映画祭でワールドプレミア!
『希望の国』ポスタービジュアル - (C) 2012 The Land of Hope Film Partners

 園子温監督最新作『希望の国』の第37回トロント国際映画祭(現地時間9月6日~16日開催)コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門への出品が決まった。同映画祭での上映が本作にとってワールドプレミア上映となり、園監督は舞台あいさつなどに登壇予定。東日本大震災から数年後の日本を舞台にオリジナル脚本を手掛けた園監督の渾身(こんしん)の一作が世界へ羽ばたく。

 北米最大の映画祭として、また米アカデミー賞の前哨戦として知られるトロント国際映画祭。今年の日本作品の上映は、『ふがいない僕は空を見た』(タナダユキ監督、永山絢斗&田畑智子主演)、『テルマエ・ロマエ』(武内英樹監督、阿部寛主演)、『夢売るふたり』(西川美和監督、松たか子&阿部サダヲ主演)がすでに決まっているが、日本を代表する鬼才・園監督の新作も加わった。同映画祭の最高賞は観客賞となるが、受賞の行方も期待される。

 また、園監督が被災地で取材を重ね作り上げた『希望の国』は、前作『ヒミズ』に続き、10月に開催される第17回釜山国際映画祭アジア映画の窓部門への出品も決定。同映画祭のキム・ジソクディレクターは、「3.11の黙示録。でも、希望は残っている。園子温監督が伝える偉大な生命の賛美だ」と絶賛している。そのほかハワイやシカゴ、ストックホルム、トリノなどの国際映画祭への参加も相次いで決まり、すべての映画祭から園監督登壇のオファーを受けているという。

 本作は、大震災に襲われ、生活が一変してしまった家族の姿をとらえたヒューマン・ドラマ。酪農を営む老夫婦(夏八木勲、大谷直子)と一緒に暮らす息子夫婦(村上淳、神楽坂恵)。震災による原発事故の影響で避難を強いられ葛藤の日々を送る中、息子の妻いずみの妊娠が発覚する……。世界の人が震災を題材にした本作をどう観るのかという点も話題になりそうだ。(編集部・小松芙未)

第37回トロント国際映画祭は9月6日~16日(現地時間)までカナダで開催
映画『希望の国』は10月20日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 14日
  5. 園子温『希望の国』オスカー前哨戦トロント国際映画祭でワールドプレミア!