シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「オーズ」渡部秀&三浦涼介が新作でラブラブ!「秀くんから感じる熱がすごくて…」

「オーズ」渡部秀&三浦涼介が新作でラブラブ!「秀くんから感じる熱がすごくて…」
息の合ったコンビネーションを見せた渡部秀と三浦涼介

 18日、映画『PIECE~記憶の欠片~』の先行プレミア上映会が、丸の内TOEIにて行われ、ダブル主演を務めた渡部秀と三浦涼介、そして下山天監督が登壇した。「仮面ライダーオーズ/OOO」シリーズの映司&アンクでおなじみの二人が息の合った名コンビぶりを発揮し、場内は大いに盛り上がった。

 若手俳優の登竜門として誕生した東映の「特撮ヒーロー」シリーズに続き、その出演者たちが次なるステージへと挑み、そのヒーロー像を確立すべく立ち上げられた新レーベル「TOEI HERO NEXT」。その第1弾となる本作で主演を務めた渡辺と三浦は、それぞれトラウマを抱えた元エリート記者、五重人格のカメラマンという難役に挑戦した。

 「仮面ライダーオーズ/OOO」とは全く違う役柄だったが、渡部が三浦に「涼くん、格好よかったよ」と言えば、三浦も「修くんもひげが似合っていて格好よかったよ」と返すなど、仲の良さは変わらず。「1年間、『オーズ』で演技の勉強をさせてもらい『僕らは(役者として)もっと上を目指しています』という気持ちをわかってもらえるように取り組みました」と三浦が力強く語ると、渡部は「実際の年齢よりも上の役だったので、どうやったら大人に見えるかを意識しました」と役づくりの苦労を明かした。

 そんな二人だったが、アクションシーンでは「ライダーで培った部分が出ました。カメラマンさんからもやっぱり息がピッタリだなって褒められました」と渡部が胸を張る。さらに、三浦が渡部を抱きしめるシーンもあるといい、渡部が「涼くんの心拍数は半端なくすごかった。あのシーンは18禁ですね」と発言すると、三浦は「緊張してたというより、秀くんから感じる熱がすごくて……」と切り返し、客席を盛り上げた。

 本作は元敏腕記者の千野(渡部秀)と闇写真家の零(三浦涼介)が、悩みを抱えながらも奇妙な謎の死をめぐる事件を解決するため、奮闘する姿を描いたSFサスペンス。(磯部正和)

『PIECE~記憶の欠片~』は9月1日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 18日
  5. 「オーズ」渡部秀&三浦涼介が新作でラブラブ!「秀くんから感じる熱がすごくて…」