シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『アウトレイジ』続編のヤクザは弱そう!? 新キャスト・名高達男&光石研&田中哲司が暴露!

『アウトレイジ』続編のヤクザは弱そう!? 新キャスト・名高達男&光石研&田中哲司が暴露!
新キャストが語る映画『アウトレイジ ビヨンド』! - 左から、田中哲司、名高達男、光石研 - (C) 2012 「アウトレイジ ビヨンド」製作委員会

 北野武監督の最新映画『アウトレイジ ビヨンド』に出演している名高達男と光石研、田中哲司のインタビュー映像が公開され、自身の役柄、そして本作の魅力を明かした。魅力について「深み、そして奥行きがあること」と口をそろえた三人は、本作から『アウトレイジ』シリーズに参加する新キャスト陣となる。

 名高と光石はそれぞれ、関東一円を支配する暴力団・山王会の古参幹部である白山と五味を演じているが、自身の役柄について名高は「見ていると、弱そうって感じがしますけれどね」とぶっちゃけ。というのも、白山と五味は古参であるが故に上と下に挟まれるという中間管理職的な立場だからであり、これには光石も「情けない役をやっているんですけど」と苦笑気味だ。

 それでも、彼らは作品にリアリティーを与える重要なキャラクターだ。今回が初北野作品となる名高と光石は本作について「大人っぽい映画」と分析しているが、それは説明的な描写を挟まずとも、西田敏行や中尾彬といったベテラン俳優が背中や表情で語ってくれるから。もちろん、それを脇で支える名高や光石自身の落ち着いた演技も、本作の魅力を一層引き立てることに成功している。

 一方、同じく山王会幹部の舟木を演じた田中も、本作の魅力について「淡々と描いて、飾っていないところがかっこいいんです」と名高や光石の意見に同意。実際、演じる舟木はセリフが少ないこともあって、役づくりにあたっては、「いるだけで攻撃的な雰囲気を醸し出す」ことを心掛けたと語っている。

 もともとヤクザ映画のファンである田中は、何度も見返したほど『アウトレイジ』のファンだといい、撮影現場で三浦友和や加瀬亮といった前作の出演者に会ったときは興奮したと振り返る。だが、それは映画館の観客も同じ。まさかの復活を果たした大友(ビートたけし)はもちろん、三浦や加瀬といった前作キャストにスクリーンで再会できることを願っていた前作のファンにはたまらない本作。もちろん、名高や光石、田中といった新キャストがそれぞれの持ち味を発揮しているのも見逃せないポイントだ。(編集部・福田麗)

映画『アウトレイジ ビヨンド』は10月6日より新宿バルト9、新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 24日
  5. 『アウトレイジ』続編のヤクザは弱そう!? 新キャスト・名高達男&光石研&田中哲司が暴露!