シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ごくせん」脇知弘が太り気味のゲイ役!26歳の新人女性監督デビュー作!『ふとめの国のありす』

「ごくせん」脇知弘が太り気味のゲイ役!26歳の新人女性監督デビュー作!『ふとめの国のありす』
脇知弘が太り気味のゲイ役!? 26歳新人監督が描く「人との関わり方」って!? - (C) 2012 トリウッドスタジオプロジェクト

 太り気味のゲイと孤独な女子高生、そしてその2人から愛される高校教師が織り成す恋愛模様を描いた、映画『ふとめの国のありす』が10月より下北沢トリウッドで公開される。

 何ともユニークなタイトルの本作は、学生による商業映画製作を目的とした「トリウッドスタジオプロジェクト」の第7弾となる、一風変わった人間ドラマ。「ごくせん」シリーズで知られる脇知弘が主演し、気のいいデブでゲイの主人公ありすを演じる。そのありすと、同じ学校の先生(坂東工)を好きになってしまう女子高生・うさぎを演じるのは、映画初主演の木咲樹音。

 メガホンを取ったのは、これがデビュー作となる26歳の新人・松国美佳。今時のギャルといった風ぼうで社交的な性格に見えるが、長い学生生活の中で「自分が嫌なことでも、嫌われたくないし相手を傷つけちゃうかもしれないから我慢する」という悩みを抱えていたという。本作では、それでも誰かと向き合いたいと思ってきた監督の考える「人との関わり方」を、好きな人に対して「ゲイだから」とあきらめているありす、「嫌われたくない」と近づくことさえしないうさぎの姿を通して描き出す。

 松国監督は「みんな、自分の世界を持っていて、でも、他人と向き合うと違っていることが多くて、それなのに、違いを簡単に受け入れたり、強く拒絶したりして、後で辛い思いをしたりします。お互いが相手の世界を尊重して、触れ合っていければいいな」と真摯(しんし)にコメント。プロレス団体に所属するなど、男臭いイメージのある脇が、監督の友人がモデルというゲイの役をどのように演じるのかも、楽しみだ。(編集部・入倉功一)

映画『ふとめの国のありす』は10月6日より下北沢トリウッドにて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 4日
  5. 「ごくせん」脇知弘が太り気味のゲイ役!26歳の新人女性監督デビュー作!『ふとめの国のありす』