シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

AKB松井咲子、共演の清水一希と微妙な関係明かす

AKB松井咲子、共演の清水一希と微妙な関係明かす
微妙な距離がある清水一希(左)と松井咲子

 9日、現役音大生でAKB48に所属する松井咲子が初ヒロインを務めた映画『ビンゴ』の舞台あいさつに主演の清水一希と登壇し、連絡先を交換したほどの仲だが、なかなかかみ合わない間柄であることを明かした。

 フリルのついたドレスにブレスレットのお嬢様ルックで登場した松井。映画初出演で初舞台あいさつにAKBのイベントとは違い緊張した様子だったが、「原作の山田悠介さんの作品が大好きで中学校のころから本を集めていたので、出演できてうれしかった」と笑顔を見せた。共演の清水に対し松井は「私は人見知りですが、戦隊物の(清水演じる)ゴーカイグリーンが好きだったので、最後の撮影の数時間前にやっとお話しできた」と述懐。一方の清水は「おかしいな。すぐ仲良くなったつもりなのに」とお互い微妙なズレが。また清水は「2月の撮影の時にゴーカイジャーのショーに行きたいからと連絡先を教えたのですが、やっと半年ぶりに『今日の舞台あいさつよろしく』という連絡がきました」と恨み節だった。

 それから更に、清水が指きりをする重要なシーンの撮影が「朝から次の日の朝までの撮影で精神的にまいった」と言えば、松井は「そんなことなかったですよ」とあっけらかんと語り、「何日もかかる撮影大好き。『ビンゴ』収録『ビンゴ』収録「AKBINGO!」収録というスケジュールで充実してて楽しかった」と笑わせた。フォトセッションの際もカメラマンに「もっとくっついてください」と呼びかけられるなど微妙な距離感があるようだった。

 本作は山田悠介による短編集「ブレーキ」収録「ビンゴ」の映画化作品。死刑執行をビンゴゲームで決める近未来の日本で殺人の罪により巨大ビンゴゲームの上に連行された正哉(清水)をマジックミラー越しに見つめる謎の女・真弓(松井)がいた。正哉の犯した罪とは一体何だったのか。(取材・文:池田敬輔)

映画『ビンゴ』は9月22日よりワーナー・マイカル・シネマズ板橋ほかにて全国順次公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 9日
  5. AKB松井咲子、共演の清水一希と微妙な関係明かす