シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの前にファッション界を変えた女、ダイアナ・ヴリーランドとは?(1/2)

「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの前にファッション界を変えた女、ダイアナ・ヴリーランドとは?
リサ・モルディーノ・ヴリーランド監督

 女性向けのファッション誌として最古の歴史を持つ「ハーパース・バザー」誌で、25年間もファッション・エディターを務め、さらに「ヴォーグ」誌でも編集長を務めたファッション界の大物ダイアナ・ヴリーランドを描いたドキュメンタリー作品『ダイアナ・ヴリーランド:ザ・アイ・ハズ・トゥ・トラベル(原題) / Diana Vreeland : The Eye Has to Travel』について、リサ・モルディーノ・ヴリーランド監督が語った。

 およそ40年間ファッション・エディターとして活躍し、さらに多くのモデル、デザイナー、そして写真家を発掘するなど、「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターと同様にファッション界に大きな影響を与えたダイアナ・ヴリーランド。本作は、その彼女の生い立ちから亡くなるまでを、本人や仕事関係者からのインタビュー、さらに彼女の功績や大胆な発想が生み出した影響力を綴ったドキュメンタリー作品。

 ダイアナ・ヴリーランドを描くことになった経緯は「まず、わたしはダイアナ・ヴリーランドの孫、アレキサンダー・ヴリーランドと結婚したこと。それと今まで、ダイアナ自身が執筆した自叙伝は二作あったけれど、誰も新たに彼女のことについて伝記を執筆していなかったの。それはおそらく、執筆するなら非常に完成度の高い作品でなければいけないという(ファッション界からの)プレッシャーで、ほとんどの人は彼女のことを書くことに恐れていたとも思うわ。そこで、わたしは完成度の高い伝記本をまず書こうと思ったんだけれど、そのリサーチ過程で、映画にしてみたらどうかと思ったの。なぜなら、わたしの名前がいろいろな場所での撮影アクセスを可能にしてくれるから」と制作経緯を語った。

 ダイアナ・ヴリーランドを、「ヴォーグ」誌の編集長アナ・ウィンターと比較する人がいることについて、「わたし自身は、ダイアナ・ヴリーランドと比較できる人物は誰も居ないと思っているわ。それに比較する必要もないと思う。だから、今でも彼女の存在がファッション界に反映されているの。それに、今でも彼女が『ハーパース・バザー』誌で編集長を担当していたときの写真が、ファッション界で語りぐさになっているくらいだわ。彼女が60年代に『ヴォーグ』誌の編集長になった時は、それまで全くさえない雑誌だった『ヴォーグ』誌に新風を吹き込んだことになったの。もともと彼女は、伝統を重んじるタイプの人間だけれど、ことファッションに関しては60年代の上流階級から労働者階級までの文化を理解していたの。当時、もしほかの人物が『ヴォーグ』誌の編集長を担当していたら悲劇だったと思うくらいよ」と語った。なお、ダイアナ自身は「ハーパース・バザー」誌、「ヴォーグ」誌をファッション雑誌とも思っていなかったそうで、回りに起きている現況を伝える雑誌と認識していたそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 23日
  5. 「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターの前にファッション界を変えた女、ダイアナ・ヴリーランドとは?