シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

北野武が明かす『アウトレイジ ビヨンド』撮影秘話!「全員善人」俳優が「全員悪人」に!

北野武が明かす『アウトレイジ ビヨンド』撮影秘話!「全員善人」俳優が「全員悪人」に!
北野武監督&加瀬亮 - 写真:奥山智明

 ヤクザ社会の血で血を洗う壮絶な下克上劇を描き大ヒットを記録した映画『アウトレイジ』の続編『アウトレイジ ビヨンド』で、監督・脚本・編集を手掛け、主人公・大友を演じた北野武監督と、前作に続き金融でのし上がっていくインテリヤクザ役の加瀬亮が、怒号飛び交う本作の魅力を語った。

 前作からの三浦友和、小日向文世、中野英雄に、西田敏行、松重豊ら新キャストを加えた豪華俳優陣がそろった本作だが、意外にも初日の撮影は監督のダメ出しから始まったのだそう。北野監督は、「みんな本当に役をつくってきていてね、『抑えてください』ってお願いするくらいつくりすぎで(笑)。加瀬くんにも、もっと速くしゃべっていいよって言ったくらい」とクランクイン当時を振り返る。

 『アウトレイジ』では恒例の激しいセリフの応酬の裏には、監督ならではのテンポへのこだわりがある。「漫才のようなテンポが理想だった。だから一人ずつ撮って編集でジャンジャン切った」と監督が明かしたとおり、「北野マジック」がかかった関東VS関西の怒号飛び交うシーンは、スクリーンから両者の殺気が伝わるほどの迫力に仕上がった。

 インテリヤクザの石原を演じた加瀬も、本作では声を荒げる場面が多い。「自分にできるのかと不安でいっぱいでした」と振り返った加瀬は、撮影初日に受けた監督からのアドバイスが役づくりに大きな変化を与えたのだという。「自分がいかに違うことをやっていたのかって気付くことができて……。そこから修正していくことができたんです」。

 試行錯誤の末、加瀬は出所した大友の影に追い詰められていく石原の焦燥感を、荒ぶる怒号で見事に表現してみせた。北野監督はそんな加瀬の演技を「石原ってさ、経済ヤクザとしてのし上がってきたから全然腕力ないの。だからテンション上がってギャーギャー言いながらヤクザ殴っても、パンチは全然効いていない(笑)。そういうところがすごくよく出ていたよね」と絶賛する。

 他の映画では温厚な役柄を演じている「全員善人」の俳優たちを、見事に「全員悪人」に変身させた北野監督。「みんな、本当に怖いんだよ。塩見三省さんなんて、西田さんに『顔が怖い!』って言われていたくらいだからね。全員が怒鳴ると本当にすごい迫力だった」と太鼓判を押した。役者たちが魅せる、演技合戦に大いに期待してほしい! (編集部・森田真帆)

映画『アウトレイジ ビヨンド』は10月6日より新宿バルト9、新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 4日
  5. 北野武が明かす『アウトレイジ ビヨンド』撮影秘話!「全員善人」俳優が「全員悪人」に!