シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松坂桃李、樹木希林を最後までつかめず…まるで底なし沼!?

松坂桃李、樹木希林を最後までつかめず…まるで底なし沼!?
劇中、孫と祖母を演じた松坂桃李と樹木希林

 直木賞作家・辻村深月による吉川英治文学新人賞受賞小説を実写化した映画『ツナグ』の初日舞台あいさつが6日に都内で行われ、主演の松坂桃李、樹木希林、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、平川雄一朗監督が登壇し、観客と質疑応答を行った。

 本作は死んだ者と生きる者の再会を仲介する使者“ツナグ”の見習いを努める高校生・歩美(松坂)が、死者との再会を望む人々と関わることで、葛藤し成長していく姿を描くファンタジー・ドラマ。ツナグの師匠でもある歩美の祖母を樹木が演じる。

 キャストと観客を“ツナグ”という名目で、ティーチインが行われたこの日の舞台あいさつ。今作が映画単独初主演となる松坂は「完成作を観て、泣いた場面はありますか?」という質問を受けて「八千草薫さんと遠藤さんが演じる親子の再会シーン。あと、自分の名前がエンドロールにあがったときは……すごくぐっときました!」と感無量の様子で答えた。

 そのほか、「もし本当に“ツナグ”がいたら、誰に会ってみたいか?」という質問が飛ぶと桐谷は「歴史上の人物に会いたい。今年の夏に、舞台で演じた沖田総司さん。本人に会って、『演じました』と報告して、同時に剣術もビシバシと教えてもらいたいと思います」とちゃめっ気たっぷりの笑顔で答えた。

 また、いつもマイペースなコメントをすることで知られる樹木は、この日もその本領をいかんなく発揮。司会者が松坂に樹木の印象を聞いた際、樹木は「もうわたしはいいから! いとちゃんや愛ちゃんの話題にしましょうよ」と割って入り、司会者はタジタジ。それでも松坂が「樹木さんは、本当に底が知れません。長い時間一緒に過ごしたけど、結局何もつかめていません」と冗談めかして答えると、樹木がすかさず「底なし沼の樹木希林です!」とコメントして大ウケの観客から拍手を浴びていた。(古河優)

映画『ツナグ』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 10月
  4. 6日
  5. 松坂桃李、樹木希林を最後までつかめず…まるで底なし沼!?