シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

二階堂ふみ、染谷将太、林遣都が『悪の教典』で揺り起こされた「悪」とは?

二階堂ふみ、染谷将太、林遣都が『悪の教典』で揺り起こされた「悪」とは?
伊藤英明の演技に恐怖!? 左から林遣都、二階堂ふみ、染谷将太 - (C)シネマトゥデイ/吉岡希鼓斗

 伊藤英明が演じる教師・蓮実が、生徒たちを次々に殺害するという戦慄(せんりつ)の展開が話題の『悪の教典』。命を狙われる生徒を演じたキャストたちも、撮影現場ではただならぬ精神状態に陥ったようで、自らの心に眠っていた「邪悪な側面」も揺り動かされたと告白した。

 生徒を演じた二階堂ふみ、染谷将太、林遣都は、役の上とはいえ、自分たちに凶行を仕掛けてくる伊藤英明に脅威を感じていたようで、「存在自体が怖かった。『おはよう』と声を掛けられるだけでドキリとした」(染谷)、「(撮影前の行事である)おはらいでご一緒したとき、伊藤さんの履いていた靴がすでに威圧的だった」(二階堂)、さらに「はっきり返事をしないと怒られた」(林)と、一様に伊藤にびびっていたと振り返る。とはいえ、襲われるシーンでは本気の力を込めてくる伊藤に対し、自分たちも普段出せない限界の演技に挑めたようで、伊藤への感謝の気持ちにあふれていることを、しっかりフォローしていた。

 一見、さわやかな印象を与える蓮実の、隠された邪悪な心を描く本作。若いキャストたちも、もしかして「悪の本能」が刺激されたのでは? と尋ねると、三者三様の答えが返ってきた。染谷は「三池(崇史)監督の現場は何をやっても自由という雰囲気があるので、いろいろとイタズラを仕掛けようと思ったのが、軽い悪の目覚めですかね。そうは言ってもあまりイタズラできず、悪になれませんでしたけど」と、悪に目覚めきれなかったことを後悔している様子。一方、二階堂は、自分が悪に目覚めたというより、「『悪の教典』の次に撮影に入る『脳男』で初めてダークな役を演じるんです。『悪の教典』の現場では、悪におびえているのに、今度は自分が悪になると考えながら、(伊藤)英明さんの悪にときめいている自分がいました」と、悪の魅力に引き込まれたようだ。

 意外な「悪」を発見したのは、林遣都。男性教師とのラブシーンに挑んだことから「女性の気持ちで演じたんですけど、自分が弱い立場にいて、目の前に強い人が現れたら、心を許してしまうと考えました。でもこう考えること自体、『邪悪』ですよね。だって男の僕が抱く、女性に対する勝手な思い込みなんですから」と、後から自分の心の悪に気付いたと語る。三人それぞれが再認識した「悪」へのスタンス。これを知ってから観れば、『悪の教典』はさらに面白さを増すかもしれない。(取材・文:斉藤博昭)

映画『悪の教典』は11月10日より全国東宝系にて公開
「悪の教典 -序章-」はBeeTVにて10月15日より毎週月曜日更新(1話30分全4話)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 6日
  5. 二階堂ふみ、染谷将太、林遣都が『悪の教典』で揺り起こされた「悪」とは?