シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

オスカー有力候補のドキュメンタリー作品、5人の少年達がえん罪になったレイプ事件とは?(1/2)

オスカー有力候補のドキュメンタリー作品、5人の少年達がえん罪になったレイプ事件とは?
共同監督のデヴィッド・マクマホン(左)、サラ・バーンズ(右)

 今年のカンヌ国際映画祭に特別招待作品として出品された話題のドキュメンタリー作品『ザ・セントラル・パーク・ファイヴ(原題)/ The Central Park Five』について、共同監督のサラ・バーンズとデヴィッド・マクマホンが語った。

 同作は、1989年4月19日の夜に、セントラルパークをジョギングしていた当時28歳の白人女性トリシャ・メイリが何者かに襲われ、ハーレム地区に住む黒人とヒスパニック系の5人の若者が、彼女を強姦した罪で逮捕され、後に起訴された。そして、十分な取り調べも行われずに裁判で有罪判決が下された彼らは、それぞれ約7年~13年にもわたって服役することになった。ところが、ある刑務所に服役していた連続強姦者が、この犯罪の真犯人であると自供したことから、有罪判決が覆されるというえん罪問題に発展していく過程を描いたドキュメンタリー作品。ドキュメンタリー界の巨匠ケン・バーンズが、娘サラ・バーンズとデヴィッド・マクマホンと共同監督も務めた意欲作。

 サラ監督は映画化する前に、この事件を題材にした本「ザ・セントラル・パーク・ファイブ:ア・クロニクル・オブ・ア・シティ・ワイルディング/The Central Park Five: A Chronicle of a City Wilding 」を執筆していた。「この事件を映画化する前に、すでに彼ら5人に本で取材していたために、彼らはわたしの取材に慣れていたの。実は本を執筆したときも、彼ら全員すぐに参加に応じてくれたけれど、事件のことについてオープンに語ってくれるまでは、結構時間がかかったの。本を執筆する前の取材は、事件の人物設定を明らかにし、それから感情的な質問をぶつけることになったけれど、映画化の際はすぐに何でも聞ける状態にあったわ」とサラ監督は明かした。

 セントラルパークで起きたこのレイプ事件のあった4月19日は、このレイプ事件以外に、20~30人近くの少年たちが起こした傷害事件が何件もあった。「警察は事件のあった当日、できるだけ傷害事件を起こした少年を逮捕することに集中していたんだ。さらにその傷害事件は、レイプ事件が起こる前の出来事で、その判断は理にかなっていたんだ。だが、僕らが疑問視するのは、その後警察がレイプ事件現場でのすべての情報を入手し、彼ら5人の自供を聞き、さらにDNAを照合し一致しなかったにもかかわらず、彼ら5人が犯人ではないことを論理的に立証しようとしなかったことだ。ただ、これは警察だけでなく、メディアも与えられた情報だけを受け入れ、証拠を疑わなかったことも問題だと思うんだ。このレイプ事件に関して、あらゆる機関や媒体が、ミスを犯してしまったと思っている」とデヴィッド監督が語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 11月
  4. 23日
  5. オスカー有力候補のドキュメンタリー作品、5人の少年達がえん罪になったレイプ事件とは?