シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

椎名桔平が教授役に挑戦!iPS細胞の山中教授をライバル視!

椎名桔平が教授役に挑戦!iPS細胞の山中教授をライバル視!
舞台「教授」の制作発表に出席した椎名桔平

 8日、舞台「教授」の制作発表が都内で行われ、主演を務める椎名桔平と田中麗奈らが出席。免疫学の教授にふんする椎名は「iPS細胞を確立した山中(伸弥)教授に負けないような教授像をつくっていけたらいいなと思っています」と意気込んだ。

 舞台「レインマン」などで抜群のコンビネーションを発揮してきた椎名と演出の鈴木勝秀が3年ぶりにタッグを組んだ本作。椎名は「鈴木さんとやりたい舞台についての話し合いを重ね、3年ぐらいかけて作られた作品です。自分たちのやりたかった舞台ができることをうれしく思います」と挨拶した。

 一方の田中は「舞台は不慣れでまだ3度目。緊張もあります」と不安をのぞかせるも「鈴木さんと椎名さんが何度も(舞台を)作られているというので、まずそこについていこうと思ってます」とやる気を見せた。

 舞台「教授」は、安保闘争・労働争議などがわき起こる、高度経済成長期の1960年代の日本が舞台。免疫学教授と彼の助手を務めることになった女性の生涯を、流行歌とともに描く。五木寛之のエッセイ「わが人生の歌がたり」を下敷きとしている。

 また、本作には歌手の中村中が自ら、ピアノの弾き語りで当時の流行歌を歌う演出も含まれており舞台に色を添える。さらに本作のテーマソング「グッバイ・ラブ・ソング」は五木が歌詞を書き下ろしたもの。中村は五木との共作について「今は、データのやりとりが多い中、五木さんとは何度もお会いして、会えないときには手紙をやりとりして心を込めて作りました」と渾身(こんしん)の思いを語った。(取材・文:嶋田真己)

舞台「教授」は2月7日から24日までBunkamuraシアターコクーンほかにて上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 8日
  5. 椎名桔平が教授役に挑戦!iPS細胞の山中教授をライバル視!