シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ブルース・ウィリス、感激の涙!『ダイ・ハード』巨大壁画、ロスの20世紀フォックススタジオにお目見え

ブルース・ウィリス、感激の涙!『ダイ・ハード』巨大壁画、ロスの20世紀フォックススタジオにお目見え
マクレーンも感激です!

 映画『ダイ・ハード』全シリーズを通して主役のジョン・マクレーンを演じ続けてきたブルース・ウィリスが、現地時間1月31日、ハリウッドにある20世紀フォックス撮影所スタジオに描かれた同作の巨大壁画の除幕式に登場した。

 同式の司会を務めたのはフォックス会長のジム・ジアナポリス。ジム会長は、「これまで映画『サウンド・オブ・ミュージック』や『スター・ウォーズ』など、歴史に名を残した映画たちがFOXのスタジオを彩ってきました。25年前に誕生して以来、いまだ多くの人に愛されている『ダイ・ハード』シリーズを加えられることを大変うれしく思います」と説明し、本作の功績を称えた。

 除幕スイッチを持ったブルースがカウントダウンとともにボタンを押すと、花火とともにステージにかけられた幕が落ち、幅45メートル、高さ12メートルの巨大壁画がお目見え! 第一作目の舞台であるナカトミビルの通気口をライター片手に四つん這いで進むマクレーンが壁いっぱいに描かれた迫力に、この日集まった国内外のマスコミ陣からは大きな拍手と歓声が沸き起こった。

 普段はクールガイとして知られているブルースだが、この日は目を潤ませながら「うれしいです。20世紀フォックスにこれまで見たこともないほど大きな壁画を作ってもらいました。本当にうれしいです」と感無量の様子。壁画が描かれたスタジオを見つめ、「このスタジオの小さなステージから仕事を初めて、どんどん大きな仕事をさせてもらえるようになった……。25年に渡って『ダイ・ハード』シリーズを楽しませてもらいました。皆さん本当にありがとうございます」と喜びをかみしめた。

 撮影の遅れが原因で、撮影の遅れでいまだプレミアなどが行われていないシリーズ最新作『ダイ・ハード/ラスト・デイ』だが、この日はブルースのもとに、共演のジェイ・コートニー、ユーリア・スニギル、ジョン・ムーア監督らも駆けつけて祝福。この壁画は「ナカトミビル」として知られるフォックス・プラザ・ビルから目と鼻の先にあり、一般道にも面しているため、『ダイ・ハード』好きにはたまらない、ロスの新たな観光名所となりそうだ。(編集部・森田真帆)

 映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』は2013年2月14日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 5日
  5. ブルース・ウィリス、感激の涙!『ダイ・ハード』巨大壁画、ロスの20世紀フォックススタジオにお目見え