シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

声優・森田成一、入院していた 一時は危険な状態に アナフィラキシーショックで

声優・森田成一、入院していた 一時は危険な状態に アナフィラキシーショックで
ツイッターで入院を報告した森田成一 - 画像はスクリーンショット

 アニメ「戦国BASARA」「メジャー MAJOR」シリーズなどで知られる人気声優の森田成一が先日まで入院しており、アレルギー反応の一種であるアナフィラキシーショックにより生死の境をさまよい一時は危険な状態にあったことを12日、自身のツイッターで告白した。

 森田は12日、「御無沙汰しております。 実は先日まで入院しておりました。 人生初入院でした」と報告すると、詳細は伏せながらも「アナフィラキシーショックで生死の境を彷徨い危険な状態でした」と生命の危機に陥っていたことを報告。「本当に怖い経験です」と当時を振り返り心境を明かした森田だが、本日12日より無事仕事に復帰し、「一生懸命頑張ります」と決意を新たにしている。

 まだ若干の検査が残っているものの「身体はいたって健康ですのでご安心下さい」と多数寄せられる励ましの声に応えた森田。3月公開の映画『DRAGON BALL Z 神と神』では、謎の男ウイス役を務めている。(清水一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 12日
  5. 声優・森田成一、入院していた 一時は危険な状態に アナフィラキシーショックで