シネマトゥデイ

米倉涼子が人生初の女子高生役!ドラマ「35歳の高校生」で日テレ初主演

米倉涼子が人生初の女子高生役!ドラマ「35歳の高校生」で日テレ初主演
ドラマ「35歳の高校生(仮)」で日テレ初主演&人生初の女子高生役に挑む米倉涼子

 女優の米倉涼子が、4月より日本テレビ系列で放送されるドラマ「35歳の高校生(仮)」(毎週土曜日夜9時~)で人生初の女子高生役に挑むことが明らかになった。また、米倉が日本テレビの連続ドラマで主演を務めるのは今回が初めてのこととなる。

 「35歳の高校生(仮)」は、全日制高校に編入してきた35歳の女子高生(米倉)が、現代の高校にはびこるイジメや不登校などの「闇」をぶち壊し、生徒のみならず学校側も変えていくさまを描く社会派学園ドラマ。毎回浮き彫りになるクラスメイトの問題に、「見て見ぬふり」「なすりつけ」が大嫌いな彼女が気付き、社会を経験してきた一回り年上の同級生だからこそできる方法で解決に導くという。

 ちなみに米倉演じる女子高生は、学校規定の制服を着用し、宿題もこなし、体育にもちゃんと参加するなど一見普通の高校生活を送るとのこと。それでもやはり17歳の同級生とは一味違い、朝は高級外車で登校し、昼休みは喫煙所で一服、放課後は缶ビールを飲み干すという一面も。なぜ18年ぶり復学したのかなど、謎だらけの彼女の素性が明かされるのかにも注目だ。

 米倉は、35歳の女子高生を演じることについて「最初、このお話を頂いたときは先生役かと思ったのですが、高校生役と聞いて、とてもうれしかったです!」とノリノリ。「35歳の高校生の目から見て、(学園の中で起こる色々な問題を)どう解決したらいいのか、どういう風に伝えたらいいのか、考えていきたいです。楽しみにしていてください!」と意気込んでいる。

 米倉を「2012年の押すに押されぬ視聴率女王であり、30代になってますます魅力が増している女優さん」と評した同番組のプロデューサーは、さまざまな役柄を演じてきた米倉がまだ生徒役をやっていなかった点に目を付けたとのこと。「視聴者が求める今までのイメージの米倉さんを見たいという期待にも答えつつ、このドラマで、また新たな米倉像を見せていきたいと思っています」と展望を語った。(編集部・市川遥)

ドラマ「35歳の高校生(仮)」は4月より日本テレビ系で毎週土曜日夜9時から9時54分まで放送


【関連情報】
キーワード

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク