シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「純と愛」夏菜、風間俊介と涙のクランクアップ!

「純と愛」夏菜、風間俊介と涙のクランクアップ!
思いのたけを涙と共に語った夏菜

 NHK連続テレビ小説「純と愛」が22日、同局の大阪放送局でクランクアップを迎え、ヒロインを演じた夏菜と相手役の風間俊介らが、涙と共に思いを語った。この日は脚本の遊川和彦、制作統括の山本敏彦らも出席した。

 最終回ラストシーンの収録となったこの日。クランクアップ後に行われたセレモニーでは、夏菜と風間にスタッフから花束と記念品が贈呈され、夏菜は「さっきまで『実感湧かない、実感湧かない』とか言って、『あれ? 泣かないかも!?』とか言っていたんですけど……泣きました」と涙。9か月にわたった撮影の中では、「家政婦のミタ」の脚本家である遊川に厳しい指導を受けていたこともあり、会見で「遊川さんに一度も褒められたことがない」とこぼすこともあった。

 それだけに、最初は「笑顔のあふれる現場になったら」と思っていたという夏菜は、「やっぱり自分がこんなに追い込まれることも人生の中でなかったです。最初の方は特にわたし自身が孤独を感じながら実はやっていて……」と明かす。しかし「そういう苦しい時期に、結局、わたしがスタッフさんたちの事を笑顔にするんではなく、わたしが笑顔にしてもらった、そんな現場でした」と撮影を振り返り、キャストやスタッフ、関係者一同に感謝を述べた。

 また風間も「本当に……いろいろ……」と言葉に詰まりながら作品に込めた思いを明かし「本当に、この作品に出られて、純といっしょに愛(いとし)を演じて、『純と愛』という作品を最後までやってこられたことを誇りに思います。たぶん、どうやっても忘れることができない9か月でした」と語った。

 また遊川は、「“朝ドラ”らしくないヒロインと、“朝ドラ”らしくないヒーローと、“朝ドラ”らしくない話を作った作家がこうやって並んでいること自体がとっても感慨深いな」とコメント。「ホンッとに大変だったと思います」と夏菜をねぎらいながら、大部分は自分の責任と笑い「歴代のヒロインはもっと楽だったと思う。でもそれは逆に言うと、これが終わった後、君は確実にたくましくなっているし、強くなっているし、成長しているはずだし、これ以上ツライことはもうない」と太鼓判。自身について「またNHKで拾っていただけるのであれば頑張りたいと思います」と決意を語った。(編集部・入倉功一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 22日
  5. 「純と愛」夏菜、風間俊介と涙のクランクアップ!