シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

嵐・二宮和也、台本を読むのは自分のパートだけ?二宮流の演技論を披露!

嵐・二宮和也、台本を読むのは自分のパートだけ?二宮流の演技論を披露!
サプライズ登場に全員で大盛り上がり! 登壇者の水原希子、生瀬勝久、豊川悦司(左より)

 25日、都内で行われた映画『プラチナデータ』完成披露試写会の上映後に、主演の二宮和也らが、上映前の舞台あいさつに続きサプライズで登場、およそ1,600名のファンが絶叫に近い黄色い声援を上げた。

 10万通を超える応募が殺到し、東宝史上最高倍率の当選確率0.36パーセントというまさにプラチナチケットになったこの日の試写会。映画上映後、二宮をはじめ豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、大友啓史監督が劇場後方の扉よりサプライズで登場し、客席の間にあるレッドカーペットを歩いて入場すると、ファンは大興奮となった。

 本編を鑑賞した後のファンの表情を見て二宮は「輝いていますね。ありがたいです。この映画から何かを感じ取っていただけたら」と満足げな表情でコメント。豊川も「皆さん満足していただいたようで」としっかりと手ごたえを感じている様子だった。

 一方、司会者から映画の感想を聞かれた二宮は「(完成した作品を観て)こういう話だったのかと思いました」と語り、観客を「え?」という表情にさせる場面も。二宮いわく、普段から台本は自分のパートしか読まないそうで「ほか(の登場人物)が何をやっているのかわかっていないんです。だから、こんな風になっていたのかと」と二宮流の演技論を明かしていた。

 また鈴木は、お気に入りのシーンについて「廊下の向こうからジャンパー姿で歩いていらっしゃる豊川さんが、日本一ジャンパーがかっこよくて、しびれました」とコメント。さらに杏が、二宮が冒頭「プラチナデータ」とささやくくようにしゃべるシーンがツボだと明かし、「台本のセリフをああいう風に言うのかって思いました」と感心してみせると、観客から一斉に「やって」コールが。二宮も期待に応え生セリフを披露し、最後までファンを喜ばせていた。

 同作はさまざまな作品が映画化されている東野圭吾が、映画化を前提に執筆したという同名小説の映画化。DNAデータを基に犯罪捜査が行われる近未来を舞台に、自らが携わるDNA解析捜査で連続殺人事件の容疑者となってしまった科学者(二宮)の逃亡劇を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『プラチナデータ』は3月16日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 25日
  5. 嵐・二宮和也、台本を読むのは自分のパートだけ?二宮流の演技論を披露!